豪華スターもオファー快諾! 監督が語る『ザ・マペッツ』の魅力

2012.5.15 15:00配信
『ザ・マペッツ』の監督を務めるジェームズ・ボビン監督(C)2011 Disney Enterprises.Inc.All Rights Reserved.

人間とマペットたちの友情を描いた映画『ザ・マペッツ』が5月19日(土)より公開されるのを前に、監督を務めたジェームズ・ボビンがインタビューに応じた。

その他の写真

本作は、マペットのウォルター、その兄で人間のゲイリー(ジェイソン・シーゲル)と恋人のメアリー(エイミー・アダムス)が、かつて一世を風靡したマペットのグループ“ザ・マペッツ”をショービジネス界に復帰させようと協力し奮闘する物語。舞台は人間とマペットが普通に共存する世界で、その奇想天外な設定についてボビン監督は、「最初から“この世界はこうだ!”と言い切ってしまった方が観客も映画の世界に入りやすいのではないか」と考え、あえて舞台設定の説明をすべて省略したという。

本作が映画デビュー作となるボビンは、2003年・2005年にエミー賞でコメディ番組部門監督賞候補となったサシャ・バロン・コーエン主演のコメディ番組『Da Ali G Show』で監督・脚本を務めている。マペットなどの人形を使った作品は本作が初めてのため苦労も多く、その一つは、「マペットたちの足を見せられないため、どうしても上半身の場面が多くなってしまった」こと。限られたショットの中で人間たちと一緒のシーンをいかに違和感なく見せるかで悩んだようだが、「経験豊富なスタッフたちに助けられたし、彼らと撮影しながらいろいろ学べた」と感謝の気持ちを語っている。

また、本作にはジャック・ブラックやウーピー・ゴールドバーグ、セレーナ・ゴメスら豪華な面々がカメオ出演しているが、皆喜んでオファーを引き受けてくれたという。ボビン監督は、「これは、いかにマペット人気がすごいかということだ。ストーリーはわりと大人っぽい設定になっているけれど、子供が笑えるようなコメディ要素もふんだんに入っている。大人から子供まですべての人に観て欲しい」と話している。世界中で愛され続けている人気キャラクターたちが、どのような演技や活躍を見せるのか期待したい。

『ザ・マペッツ』
5月19日(土)全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング