パイオニア、BDプレーヤー搭載の5.1chサラウンドシステム「HTZ-626BD」、「バーチャル3Dサウンド」で立体感のある音声を再現

2012.5.17 18:22配信
HTZ-626BD

パイオニアは、ブルーレイ3D対応のブルーレイディスク(BD)プレーヤーを搭載した5.1chサラウンドシステム「HTZ-626BD」を、6月中旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は4万円前後の見込み。

5.1chスピーカーのままで仮想11.1chの音場を再現する独自の仮想音場技術「バーチャル3Dサウンド」を搭載。3D対応テレビと接続することで、映像だけでなく立体感のある音声を再現する。リモコンの「バーチャル3Dサウンド」ボタンを押すだけの簡単操作で、映像に合わせて3段階の音場設定ができる。

Wi-Fiに対応し、ホームネットワーク内の音楽や映像、YouTubeやPicasaなどのインターネットコンテンツがワイヤレスで楽しめる。YouTubeなどの低ビットレートの映像コンテンツは、「ネットコンテンツモード」にすることで自然で滑らかに再生。MP3などの圧縮音源は、「サウンドレトリバー」によって、CDに迫る高音質で再生する。

本体のサイズは幅430.0×高さ62.0×奥行き345.0mm、重さは3.4kg。フロント/サラウンドスピーカーは95.0×80.0×90.0mmで0.3kg。センタースピーカーは230.0×80.0×90.0mmで0.7kg。サブウーファーは130.5×420.0×375.0mmで4.4kg。iPod/iPhone用のクレードルが付属する。

再生周波数帯域は、フロント/サラウンドスピーカーが150Hz~20kHz、センタースピーカーが130Hz~20kHz、サブウーファーが30Hz~1kHz。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング