シャープ、3D対応フルHDホームシアタープロジェクター「XV-Z30000」、11種類の映像モードを搭載

2012.5.18 11:34配信
XV-Z30000

シャープは、3Dに対応し、業界最多の11種類の映像モードを備えたフルHDホームシアタープロジェクターのハイエンドモデル「XV-Z30000」を、5月25日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は40万円前後の見込み。

「シネマ」「アニメーション」「スポーツ」など、11種類の映像モードから、視聴するコンテンツに最適な画質を選ぶことができる。また、好みに合わせて明るさや色、ガンマ補正など、コンテンツを見ながら細かな映像調整ができる「ユーザー」モードを用意する。

新たに開発した独自形状のアイリスによって、コントラスト比は50000:1と従来機種から25%向上。自然で奥行き感のある高精細映像を再現する。また、250Wのランプを搭載する光学エンジンの最適化によって、1600ルーメンの高輝度を実現し、明るい部屋でもメリハリのある映像が楽しめる。

3D映像視聴時には、カラーホイールを業界最高水準の6倍速で駆動することで、色残像ノイズとクロストーク(二重映り現象)を極限まで抑え、鮮やかな立体映像を再現する。また、投映した映像の位置を上下各方向に50%、左右方向に20%シフトできる電動レンズ機構で、スクリーンとの位置関係の自由度を高めた。

対応解像度は、WSXGA+/SXGA+/SXGA/WXGA/XGA/SVGA/VGA/、Mac 21インチ/19インチ/16インチ/13インチ。D-Sub15ピン×1系統、コンポーネント端子×1系統、HDMI端子×2系統、トリガー端子×1系統、3Dシンクロ端子×1系統を搭載する。サイズは幅405.0×高さ114.5×奥行き406.5mmで、重さは約7.3kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング