綾瀬はるか、『映画 ホタルノヒカリ』試写会で“リアル干物女”と対面!

2012.5.24 12:10配信
綾瀬はるか

2度のドラマ化を経た人気ラブ・コメディの劇場版『映画 ホタルノヒカリ』の特別試写会が開催され、主演の綾瀬はるかが登壇してのトークイベントが行われた。

その他の写真

“干物女プレミア試写会”と銘打って開催された今回のイベントに集まったのは、20代の自称“干物女”たち。ドレスコードは“部屋着”、ゴロ寝でビールを飲みながら鑑賞するという異例のルールが設けられる中、綾瀬も劇中と同じジャージ姿で登場した。実際の撮影にも使用された縁側に座り、自宅さながらのリラックスムードの会場を見渡しながら、「すごい! 驚きました。なんか女子会みたいでいいですね」とニコニコ。「外では頑張るけど、家の中ではぐうたらしたいという(主人公の)蛍のような方が多いからこそ共感していただけた。いいですよね、干物女(笑)」と、人気の理由を分析しつつ、演じた役柄への愛情を滲ませた。

また、トークショーの合間には観客を交えての「干物女コンテスト」も実施。「家では(ウエストが)ゴムのものしかはかず、リモコンや飲み物を身の周りに置いて、定位置についたらトイレ以外は動きません!」と堂々たる“干物女”ぶりを明かした綾瀬だったが、“外出するより家で寝ていたい”、“メイクを落とさずに寝て、翌日そのまま外出”、“惣菜を買って、パックのまま食べる”など“干物度”の高さが試される質問には少々タジタジ。そんな中でも、「干物女度は自己採点で95点以上」との質問には「私は96点!」と自信たっぷりにコメントし、会場に集まったファンを前に、元祖“干物女”としてのプライドを見せつけた。

『映画 ホタルノヒカリ』はひうらさとる原作の人気コミックをTVドラマ化し、大ヒットを記録。初の劇場版となる。仕事はバリバリこなすが、家ではゴロゴロしてばかりで恋愛にも縁遠かった“干物”OL・蛍が繰り広げるドタバタのハネムーンが、ローマを舞台に描かれる。共演は藤木直人、松雪泰子など。

『映画 ホタルノヒカリ』
6月9日(土)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー取材・文・写真:渡部あきこ

いま人気の動画

     

人気記事ランキング