栗山千明、『ドラゴンエイジ』で意外な一面を発見

2012.5.24 16:2配信
ドレス \16.800 (A|X アルマーニ エクスチェンジ/A|X アルマーニ エクスチェンジ渋谷店)  ベスト \39.375 (PE 2012 collection:№3/Botan Ave.)

長編CGアニメーション映画『ドラゴンエイジ -ブラッドメイジの聖戦-』で主人公の女騎士カサンドラを熱演した女優の栗山千明が、独自のアイデアでヒロイン像を構築した秘話を明かすとともに、感情的な女騎士を演じて自身の意外な一面を発見したことを告白した。

その他の写真

本作は、全世界で600万本を売り上げた海外RPGを、『ピンポン』『あしたのジョー』の曽利文彦監督が最先端CG技術で映画化したアクション・ファンタジー。世界を統治する教会の騎士カサンドラが教会存亡にまつわる陰謀の濡れ衣を着せられ、血のバトルに身を投じていく姿を描く。攻撃的な女騎士を演じるにあたって栗山は、「ゲームと同様、男っぽいサバサバしたイメージがありましたが、性別を意識させない純粋な兵士タイプでいこうと思いました」と初期のコンセプトを説明。ただ、好戦的でありながらも、「冒頭の彼女はまだ半人前で、兄の事などで葛藤しています。それを周囲に悟られまいとして攻撃的になっている。弱いからこそ強く虚勢を張っているようなイメージで演じましたね」と複雑な内面も意識した。

カサンドラの心情を見事に声だけで演じ上げた栗山だが、「声優に呼ばれて毎回思うことは、声だけの演技は感情的になることで多少ニュアンスは変わると思いますが、声量の大小だけでは表現の調整に限界があるとうことですね」と実写作品との差異を指摘。「がっかりさせたくないので、余計にプレッシャーで(笑)」と胸の内を明かすが、実写経験が多いゆえに声優業の高いハードルを自覚しているようで、全身を使う表現者の俳優にとって、声だけの演技は丸腰で戦いに出ていくようなものだとも。「自分が演者として映画やドラマ、舞台に出ている時でさえ声の重要性を認識しているので、そこに特化している仕事は本当に難しいです。ただ簡単な作業ではない分、毎回発見もあります」。

それが、「今回自分で一番驚いたことは“自然と感情的になれた”ということですね。普段怒っている演技が多いタイプですが、実は苦手です(笑)。私生活ではドラマのように激怒することがないからリアルなテンションがわからないけれど、攻撃的なカサンドラを演じていて熱を上げることに違和感を抱かなかった(笑)」と、自身の意外な一面に気づいたという栗山。「それが本当に意外で。だから意外な栗山千明が観られますよ(笑)」。

『ドラゴンエイジ -ブラッドメイジの聖戦-』

取材・文・写真:鴇田 崇

ヘアメイク:a t s u. c o
スタイリスト:ume

いま人気の動画

     

人気記事ランキング