ミュージカル「(愛おしき)ボクの時代」

新作オリジナルミュージカル『(愛おしき) ボクの時代』が、11月15日(金)からの2期に渡るプレビュー公演期間を経て、11月30日(土)から本公演が上演される。その稽古場に潜入した。

【チケット情報はこちら】

日本発のミュージカルをオフ・シアターから育てていくというプロジェクトでもある本作。脚本・演出は、『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』などでは俳優として活躍し、脚本家・演出家としても作品を精力的に発表する西川大貴。音楽は、ジャズピアニストの桑原あい。振付は、ダンサーで振付師の加賀谷一肇という同世代の3人。そして、日本では『ゴースト』などを演出したダレン・ヤップが、スーパーバイジング・ディレクターを務める。出演者は400名を超えるオーディションで選ばれた風間由次郎ら17名。

この日は稽古開始から4週目という頃。来日したダレンも参加し、二幕の稽古が行われていた。取材時は、共に旅をする4人(風間由次郎、塩口量平、関根麻帆、溝口悟光)と天狗(猪俣三四郎)による芝居パートの稽古中。まず全員のキャラが濃く、小さなやり取りにも笑ってしまう。キャスト達はシーンを繰り返す毎に芝居でトライをしていて、そこにカンパニーの空気の良さも感じた。西川は、1シーン終えるごとに「今の芝居すごく好きだった!」などと声をかけ、時には自分も動いて見せながら芝居をつくっていく。舞台上には大小の箱があり、それをキャストが移動することでシーンを展開させるため決め事も多そうだが、全員がアイデアを出しながらいかに場面を磨いていけるかと考える様子が印象的だった。

そして稽古は進み、四宮吏桜が恋について歌うシーンへと移った。四宮の美しい歌声と聴かせるメロディに、ざわついていた稽古場も静かになる。既にグッとくるほどだったが、ここでダレンが立ち上がった。四宮のすぐそばまで行き、「このメロディは自分の部屋にスッピンでいるような気持ちで歌ってみて」「この歌で彼女がどういう人間か伝えたい」「今彼女はこういうタイミングなんだと思う」など柔らかな口調で丁寧なアドバイスを送る。四宮も嬉しそうに感謝を述べ、もう一度歌ったとき、感動的なほどの変化があった。

そうやって日々ブラッシュアップされた後に2度のプレビュー公演を経て、どんな作品と育っていくのかが楽しみな本作。1stプレビュー公演は11月15日(金)から18日(月)まで、2ndプレビュー公演は11月23日(土・祝)から26日(火)まで、本公演は11月30日(土)から12月15日(日)まで、すべて東京・DDD 青山クロスシアターにて上演。チケットぴあにてチケット発売中。

取材・文:中川實穗

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます