「劇メシ」神奈川公演より

劇場ではなく、レストランを会場に、食事も楽しみながら観劇することができる体験型演劇「劇メシ」シリーズ。2016年の初演以来、7作を上演し、11月15日より神奈川県・川崎市THE CAMP CAFE&GRILLにて、11月25日(月)より東京都・恵比寿CAFE PARKにて、劇メシ-BetsuBara-『ハイイロキツネは二度遠吠う』を上演する。

現在、神奈川公演が上演中の今作。チケットにはワンプレートの食事と、ワンドリンクが含まれており、会場につくとまず食事を楽しむことができる。カフェでは作品とコラボレーションしたドリンク、デザートメニューもあるのでぜひチェックしてほしい。

本編は、役者陣がカフェに入ってくるところからスタート。会場はそのまま舞台でもカフェとなっており、にぎやかなオープニングが終わると、それぞれの場所で物語をはじめだす。カフェの店長・吉田(田中克宏)が、勤務中もケータイをいじっているバイト・野村(飯田來麗)を注意するが、その態度がつれないと、客席で「バイトの態度、お客さんどう思います?」と話しかけるアドリブも。そんな店長とバイトの会話の対向では、ハイテンションで怪しい商品を説明する女・安藤(幸野ゆりあ)、それに聞き入る若い女性・金本(金野美穂)。さらに、大遅刻をしたエキストラ俳優・和田(大西けんけん)、と映画制作で働くAD・矢野(高橋右京)と、カフェの中で徐々に全体の関係性が見えてくる群像劇ならではの演出が。

さまざまなものを抱えているらしい登場人物ら、最後にカフェに入ってくるのは岸恒夜(太田裕二)、陽太(林勇輝)の兄弟。ふたりが探している「ある人」を捕まえるために、立てこもり事件状態に。さらに、このあたりで不審な事件があったと刑事・星野(海老澤健次)が入ってきたことで、さらに現場はかき乱され、誰かがしゃべる度に、客席のどこかで笑い声が聞こる、客席も含め作品を作り上げる、本作ならではの面白さといえるだろう。

1時間弱の中で、それぞれの立場や思いが絡み合い、結末へ向かっていく。食事をしながら観劇することで、まさにその現場の「目撃者」となる体験を、ぜひ楽しんでほしい。

公演は、11月15日(金)~23日(土)まで、神奈川県川崎市・THE CAMP CAFE & GRILLにて。また11月25日(月)~12月4日(水)は東京・渋谷 CAFE PARKにて、同作品を、別の演出家、キャストで上演する。チケットはいずれも6500円(食事1品、1ドリンク付)。チケットはぴあにて発売中。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます