ちはるFES_レポート写真「~A&G ARTIST ZONE~沢城千春のTHE CATCH ちはるFES!2019」

FESの主役・沢城千春さんのバンドからスタート!

「~A&G ARTIST ZONE~沢城千春のTHE CATCH ちはるFES!2019」の会場となったのは、今年11月にオープンしたばかりの未来型ライブ劇場・池袋 harevutai。16時半の開場と同時に、多くの来場者によって客席はほぼ満員に。

いよいよ上演時間となり、主役Tシャツを着込んだ沢城千春さんが番組おなじみのスタッフたちとともに登場。スタッフバンド・YOMOSUEの演奏にて、番組の初回放送でも披露された童謡「どんぐりころころ」から曲目がスタートします。

続いても童謡「しあわせなら手をたたこう」がバラード調の照明にて進行されると、会場からも笑いが。途中で沢城さん自ら盛り上げるなら激しいものがいいと、アップビートバージョンで仕切り直しに。クラップハンドで会場は早くも一体感を獲得しました。

ちはるFES_レポート写真「~A&G ARTIST ZONE~沢城千春のTHE CATCH ちはるFES!2019」

会場も温まったところで、沢城さん自身がリーダーとして活動するバンド「Street Story」を引き連れて再登場。

人気作品のOPを自分たちでイメージした楽曲「Caligula」と「ELLEN」、そして沢城さんによる「声優の現場にいくと天才ばっかりいるんです。僕は自分に自信持てないタイプなんだけど、そんな自分に負けたくないって想いを込めた本音の曲です」という紹介から、2019年5月15日にリリースされた1stシングルより「もっと明日へ」を熱唱しました。