加賀見会長スピーチ全文

TDS_15thCelemony_026 ©Disney 撮影/YOSHI

皆さんおはようございます。

オリエンタルランドの加賀見でございます。

本日は東京ディズニーシー開園15周年記念セレモニーにたくさんのゲストの皆さまにお越しいただきまして誠にありがとございます。

おかげさまで本日東京ディズニーシーは開園から15年となる記念の日を迎えることができました。

これもひとえにこれまで東京ディズニーリゾートにお越しいただいている多くのゲストの皆さま、そして弊社事業をサポートしていただいている関係者の皆さま、さらには私どもの良きパートナーでありますウォルト・ディズニー・カンパニーの社員の皆さま、その皆さまがたのおかげでございます。
心より御礼申し上げます。
本当にありがとうございます。

東京ディズニーシーは2001年9月4日、世界でただ一つ、海をテーマにしたディズニーのテーマパークとして誕生いたしました。

15年前の今日は、今日と本当に同じように雨模様の時でございましたけれども、グランドオープニングのセレモニーの瞬間、雲が晴れ、太陽の光が差し込んでくる、すごく感動的な場面でございました。

そしてその感動的な場面とそこにお越しいただいたゲストの皆さんとともに東京ディズニーシーのオープンを迎えることができたわけでございまして、そのことはつい昨日のように思い出すと同時に常に覚えているところでございます。

これから15年、東京ディズニーシーは新たなアトラクションの導入、新たなショーの上演、そして新たなイベントを開催するなど、常に進化をし続け、世界でここだけしかないテーマパークとして独自の世界観や価値観を提供してまいりました。

そしてたくさんのゲストの皆様をお迎えすることができたわけでございまして、このことはこの海にたくさんの“Wish”が輝いていることでございます。

15周年はひとつの区切りであり、これから先も新たな魅力をゲストの皆さまにお届けすることで、世界でここだけしかない場所として東京ディズニーシーをさらに進化させてまいりたいと思います。

今後ともぜひ東京ディズニーシーにご期待くださいませ。

本日は誠にありがとうございました。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます