上新電機、郊外でも格安スマホの店頭即時開通サービス開始

2016.9.27 12:15配信
郊外でも格安スマホの即時開通サービスを開始する

上新電機は9月24日から、MVNO(仮想移動体通信事業者)のプラスワン・マーケティングが展開する格安スマートフォン「FREETEL」の端末と回線の店頭即時開通サービスを開始した。店頭では専用の売り場も順次設置していく予定だ。

9月24日から南いばらき店、大日イオンモール店、浦和美園イオンモール店、大垣イオンモール店、西宮ガーデンズ店、10月1日から寝屋川店、伊丹昆陽イオンモール店、鳳店、東員イオンモール店に、FREETELの専用売り場を設置し、MNPを含めた、即時開通サービスを開始する。

全国の家電量販店・ネット販売店の実売データを集計する「BCNランキング」によると、スマホ市場全体は飽和感が出ているものの、内訳を見ると、SIMロックモデルとSIMフリーモデルで大きく明暗が分かれる。

2016年1月~8月までのスマホの販売台数前年同期比は100.8%で、ほぼ前年並みだった。SIMフリーモデルは同131.4%と大幅な伸びが続いているものの、通常のキャリアが販売するSIMロックモデルは、同96.9%と前年を下回った。

上新電機は、同様の店頭即時開通サービスはこれまで都心部の店舗で実施していたが、郊外店での展開を強化する。格安スマホの主戦場は、都心部から郊外に移行しつつある。(BCN・細田 立圭志)

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベース(パソコンの場合)で、日本の店頭市場の約4割をカバーしています。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング