消費税率が引き上げられて3か月。どれが8%?それとも10%? ©Disney

2019年10月1日、消費税の税率が8%から「10%」へ引き上げられました。

この税率引き上げと一緒に導入されたのが「軽減税率」という制度です。

これは新聞(定期購読のみ)に加えて、食料品は税率を8%に抑える、というもの。

実はこの軽減税率、ちょっと複雑な制度で、東京ディズニーリゾートも影響を受けているのです。

今回は導入から3か月が経った軽減税率で、東京ディズニーリゾートでの買い物がどのように変わったのか、見ていくことにしましょう。

対象は「酒類を除く食料品」

ショップのレシート。お土産用のお菓子は「食料品」扱いとなり、8%が適用されている。

軽減税率の対象となるのは「食料品」となっています。

ただし、酒類(アルコール)は対象外。

東京ディズニーシーではアルコールドリンクが販売されていますが、こちらは10%の消費税がかかってしまいます。

なお、ノンアルコールビールや、アルコール分が1度未満の甘酒は、酒税法における「お酒」ではないので税率は8%のままです。

テイクアウトは「8%」外食は「10%」

実は軽減税率のややこしいところは、テイクアウト(持ち帰り)と外食で、税率が変わってしまうところです。

例えば、パーク内のワゴンで飲み物やポップコーンを買うと、税率は8%です。

一方で、テーブルサービスのレストランや、ディズニーホテルのルームサービスでは、外食扱いになってしまうため、税率は10%となります。

ちょっと紛らわしいのは、映画館のシネマイクスピアリです。

ここは映画を見ながら、椅子に座ってドリンクを飲んだり、ポップコーンを食べたりしますよね。

実は、映画館の座席は、飲食設備とみなされないため、8%が適用されるのです。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます