publicdomainq-0002128duhifx

恋はスピードが命、というようなイメージがあります。

“打てば響く”と言うような。しかしそれはあくまでもイメージであって、本当のスピード感はいりません。

スピードを重視すると、破局が早くやってきそうです。

今回は、スピード破局する展開とはどんな恋の進み方なのか、考えてみました。

いつも慌てている対応

LINEなどに即レスしないといけない呪縛があります。「早いことはいいことだ」的な考えですね。

そのため、あせって勘違いしたまま、早とちりしたままで返信。うわべしか見ず、よく考えたりしないと、誤った方向に進んでしまいます。

たとえば彼の返事が遅いと「嫌われた?」と勝手に思い込んでしまう。そして「なんで返事が遅いの?」と思ったままの気持ちをダイレクトにぶつけてしまうなどして、破局。

早いことが偉いことと思いがちですが、慌てないことが恋の必勝法かも。

前のめり

恋愛の前のめりとは、まだ何もわからないのに先へ先へと進みたがること。早く答えを出そうとして失敗する、そんな意味合いです。

相手が自分を好きかどうかわからないのに、押して押しまくる。しぶしぶ付き合う彼。そしてほどなく破局。

はっきり恋愛の意思表示をしない草食系男子との恋にこのパターンが多いようです。

肉食系男子はしぶしぶ付き合っても何度かはエッチはする。そして気が済んだら去っていく流れです。

どちらも押し過ぎないようにしましょう。

押すことより「自分のことを好きなのかどうか」を知るほうが先だと思います。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます