ヴァイッド・ハリルホジッチ監督 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督

11月4日、日本代表メンバー25名が発表された。『W杯アジア最終予選』4試合を終えて、2勝1分1敗でグループBの3位に付けるハリルジャパンは、11月15日(火)にグループ首位に立つ難敵サウジアラビアとの一戦を戦う。大一番を前にした11月11日(金)にはオマーン代表と『キリンチャレンジカップ2016』を戦うため、未来を見据えて井手口陽介や久保裕也といった若手選手たちも招集された。

日本代表×オマーン代表 チケット情報

日本代表メンバーは以下の通り。
【GK】川島永嗣(メス)、東口順昭(G大阪) 、西川周作(浦和)
【DF】長友佑都(インテル)、槙野智章(浦和)、森重真人(FC東京)、吉田麻也(サウサンプトン)、丸山祐市(FC東京)、酒井宏樹(マルセイユ)、酒井高徳(ハンブルガー)、植田直通(鹿島)
【MF】長谷部誠(フランクフルト)、永木亮太(鹿島)、香川真司(ドルトムント)、清武弘嗣(セビージャ)、山口蛍(C大阪)、小林祐希(ヘーレンフェーン)、井手口陽介(G大阪)
【FW】岡崎慎司(レスター)、本田圭佑(ミラン)、齋藤学(横浜FM)、大迫勇也(ケルン)、原口元気(ヘルタ・ベルリン)、久保裕也(ヤングボーイズ)、浅野拓磨(シュツットガルト)

前回、守備的な戦いを挑み1-1と引き分けた『W杯アジア最終予選』のオーストラリア戦を受けて、浮かび上がった日本代表の課題はチャンスを決め切る得点力の向上にある。「特に得点率を高める。ビッグチャンスはかなり作れているので、あとはそこで決め切ってくれる選手を探している」。ハリルホジッチ監督もそう危惧するからこそ、今回、7人のFWが招集された。

その上で大迫や齋藤、さらには久保といった次世代を担う選手たちに指揮官は期待を寄せる。「齋藤は1対1を突破できる稀な選手。久保もDFの背後に抜け出すスピードがある。大迫はクラブで先発を勝ち取り、よりゴールに近づき、得点が取れるようになった。フィジカル的な強さも期待しているし、中央でプレーできるFWが少ないだけに大切だ」

ハリルホジッチ監督は、オマーン代表との『キリンチャレンジカップ2016』で、齋藤をはじめ、今回招集した若手選手たちの起用も示唆。大迫、久保、さらには小林など、新戦力がアピールに成功すれば、今後、激しいポジション争いが繰り広げられることも予想される。今年最後の活動となる2試合をハリルホジッチ監督はどのように戦うのか。その起用に注目は集まる。

11月11日(金)、茨城県立カシマサッカースタジアムで開催される『キリンチャレンジカップ2016』日本代表×オマーン代表のチケットは発売中。また、11月15日(火)には、埼玉スタジアム2002にて『W杯 アジア最終予選』日本代表×サウジアラビア代表が行われる。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます