publicdomainq-0002186rjzhqp

彼が出す、分かりづらい別れの兆候。今回は、別れを決めているのではなく「別れようかな」と彼が心の中で思っている状態。

そんな段階でのサインについて探ってみました。

さて彼はどんなサインを出すのでしょう?

忘れっぽい

ふだんなら「あわてんぼう」で終わるような、度忘れや聞き間違い。

たとえば、デートの日付を来週だと思っていた、というような勘違いです。

デートの約束や時間を勘違いする彼は、“心の中では行きたくないと思っている”と言われています。

聞き間違いは「あなたの話を聞きたくない」──これはフロイトが名付けた「錯誤行為」というもので、一つの目的を持った心理的行為だそう。

ただデートの時間を間違える段階では、彼はあなたに会いたくない気持ちがあることを自覚していません。

それは「まだ関係を壊したくない」という無意識の防衛反応が働いているからです。

彼が忘れっぽくなったときは、どこかで別れを考えている可能性があると考えていいでしょう。

会話中にキョロキョロ

まず、真剣に会話をする気がありません。

冷めてしまった相手との会話なんて興味のないこと。

そして、デート中に知人に会ってしまわないか、キョロキョロと周囲を気にしています。

知人に会ってしまうと、「恋人です」と紹介しなければならないし、彼女にも説明をしなければならない。

あとあと「こないだの彼女とどうしたの?別れたの?」なんて言われそうだし……。

知人とのバッタリ遭遇はいろいろ面倒なことになりそう。

また、キョロキョロする行為はあなたとの会話に上の空ということ。

暇つぶしに美人探しをしている、なんてことも無きにしもあらず……。

他人の話をする

自分の話はしたくない。

うっかりと変なことを口走ると、自分の心の中を探られそうだし、いろいろと感づかれそうなのが面倒くさい、と思っています。

デートの話や結婚などといった、将来の話になったらさらにややこしい。

口は災いのもとですが、話をしないわけにもいかないので、とりあえず他人の話なら危険性は少ないから……と言ったところでしょうか。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます