ロボット掃除機の代名詞ともいえる「ルンバ」

米アイロボット(iRobot)社とセールス・オンデマンドは、11月21日、セールス・オンデマンドが担ってきた、日本でのアイロボット製品販売事業をアイロボット社が買収することで合意したと発表した。買収は2017年4月に完了する予定。

アイロボットは、営業、マーケティング、ブランド戦略、カスタマーサービスなど、営業販売活動全体を直接取り扱うことで、競争の激しい日本市場における事業の成長のさらなる加速を目指す。

日本はアイロボット社にとって、北米につぐ最大の市場であり、戦略的に重要な国と位置づける。買収完了後、日本法人には新社長が就任し、アイロボット本社のCOO、クリスチャン・セルダ(Christian Cerda)直轄のもと、日本におけるすべての営業活動の責任者となる。

一方、セールス・オンデマンドは、アイロボット事業の売却により、ブルーエア総代理店やそのほかの事業にリソースを投資し集中させる。なお、同社の室崎肇社長は、アイロボット社への事業移行期間中は、アイロボット社のコンサルタントとしても従事する。

日本で2004年に発売したロボット掃除機「ルンバ」は、家庭用ロボット掃除機のトップブランドとして、ロボット掃除機の普及をけん引してきた。2013年に国内累計販売台数100万台、2016年10月末で200万台を突破するなど、ここ数年、飛躍的に伸びている。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます