%e8%bf%bd%e5%8a%a0%e3%81%95%e3%82%8c%e3%82%8b%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%a9%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%ae%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8

東京ディズニーランドの人気アトラクション「イッツ・ア・スモールワールド」のリニューアルが決定!

2018年春、約40体のディズニーキャラクターが登場する新バージョンになって帰ってきます。

約40体のディズニーキャラが登場!

イッツ・ア・スモールワールドにとって初めての大幅リニューアルとなる今回。

ディズニー映画に登場する様々なキャラクターが加わるほか、映画の名シーンを彷彿させる音楽が「小さな世界」の曲に織り込まれます。

例えば、ヨーロッパでは、『ふしぎの国のアリス』や『シンデレラ』、『ピーター・パン』、『塔の上のラプンツェル』が登場。

アジアは『ムーラン』や『アラジン』、そしてアフリカでは『ライオンキング』など、様々なディズニーのキャラクターが世界中の子供たちと一緒に登場します。

そして、ヨーロッパのスカンジナビアには、映画『アナと雪の女王』のエルサ、アナ、オラフが登場します。

アナ雪は日本だけ!

世界のディズニーランドを見てみると、カリフォルニアのディズニーランド、ウォルト・ディズニー・ワールドのマジック・キングダム、ディズニーランド・パリ、香港ディズニーランド、そして東京ディズニーランドにイッツ・ア・スモールワールドがあります。

その中でも、カリフォルニアのディズニーランドと香港ディズニーランドのイッツ・ア・スモールワールドは既にディズニーキャラクターが登場するバージョンで運営され、人気を博しています。

ディズニーランドには29体、香港ディズニーランドには38体のキャラクターが登場。

しかし、どちらのパークにもアナやエルサはいません。

世界のイッツ・ア・スモールワールドでも『アナと雪の女王』が登場するのは今のところ東京だけです。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます