Live Performance Stage「チア男子!!」稽古場より 撮影:石阪大輔 Live Performance Stage「チア男子!!」稽古場より 撮影:石阪大輔

直木賞作家・朝井リョウの同名スポーツ青春小説を舞台化したLive Performance Stage「チア男子!!」が、12月9日開幕した。

Live Performance Stage「チア男子!!」チケット情報

幼馴染のハルとカズら7人の大学生が、男子だけのチアリーディングチーム「BREAKERS」を結成し、学園祭での初舞台を目指す姿を描いた本作。主演はミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズンを卒業したばかりの本田礼生と古田一紀。共演者に平田雄也、皇希、才川コージ、福澤 侑、そして高野 洸とダンスやアクロバットなど抜きんでた能力を持つメンバーが顔を揃えた。

稽古前、本田と脚本・演出を手掛ける伊藤マサミに話を聞いた。

「歌、ダンス、お芝居、チア…見どころは全部です!」と笑顔を見せる本田。気になる“Live Performance Stage”について聞いてみると、伊藤は「せっかくいろいろできるメンバーが揃っているので、チアだけじゃなく、言ってしまえば『なんでも男子!!』みたいな(笑)。ゴールはチアですが、最初から最後まで目が離せないものになっています」と話す。「ただ、一番意識しているのはやっぱり“チア”。SHOCKERSさん(原作のモデルとなった男子チアリーディングチーム)のパフォーマンスを観たときに感じた『チアってすごい!』という感動をしっかり伝えたい」(本田)。

本作では、コール&レスポンスや手拍子で客席も巻き込む。そのための演出も用意されていて、本田は「“お客さんが(物語に)いていい”っていうのが初めてで、それがすごく新鮮で面白いと思います。今は、お客さんが入ることで広がる“幅”を、どれだけ広げられるかに取り組んでいます」、伊藤も「今回はオーディエンスがいて初めて完成する舞台。最後に揃うキャストはお客さんだと思っているので、今はあくまで迎える準備をしているところです」と、通常以上に観客を意識した稽古を行っているという。

そして稽古はキャスト陣が円陣を組み「Let’s go BREAKERS!」という掛け声でスタート。稽古中も休憩中もキャスト陣は飛んだり跳ねたりよく動き、歌い、踊る。その空気と全開の笑顔に飲まれ、コール&レスポンスにも応えたくなった。

面白かったのは、登場人物のほとんどがチア未経験というところから物語が始まるため、バック転などが少しずつ上達していく様も演じられていること。そこを経て突入するクライマックスのパフォーマンスは、まるで押さえてきた力が爆発したような抜群の姿を見せてくれた。

もちろん身体を動かすシーンだけでなく、それぞれが抱える悩みも繊細に演じられている。歌に乗せて想いを吐露するシーンは、パワフルな世界観に奥行きを与えていた。

本田が「まずは、観てください! そしたら絶対伝わると思います」と語る公演は、12月18日(日)まで東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて。

取材・文:中川實穗

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます