会見より。(前列左から)才川コージ、古田一紀、本田礼生、福澤侑、(後列左から)高野洸、皇希、平田雄也 会見より。(前列左から)才川コージ、古田一紀、本田礼生、福澤侑、(後列左から)高野洸、皇希、平田雄也

Live Performance Stage「チア男子!!」が、12月9日(金)に開幕。それに先がけキャストと演出家の囲み取材、公開ゲネプロが行われた。

Live Performance Stage「チア男子!!」

原作は、男子チアリーディングをモチーフにした直木賞作家・朝井リョウの同名スポーツ青春小説。幼い頃から共に柔道に打ち込んできた幼馴染のハル(本田礼生)とカズ(古田一紀)が、ハルの怪我をきっかけに柔道部を退部し、大学チアリーディング界初の男子のみのチームを結成。それぞれの動機から集まった男子7人のチーム「BREAKERS」で初ステージに向け奮闘する姿を描く。主演は、ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズンに出演した本田礼生と古田一紀。さらに平田雄也、皇希、才川コージ、福澤 侑、そして高野 洸と、身体能力の高いメンバーが揃う。脚本・演出は伊藤マサミ。

ゲネプロ前の囲み取材で、本田は「Live Performance Stageと銘打っていて“ライブ感”をすごく大事にしています。チアリーディングの魅力をしっかりと伝えていけたら」と本作について語る。全員が初めて挑戦したチアリーディングについて皇希は「今まで経験したことのないことや、経験すると思っていなかったことまで、皆で挑戦させてもらって。悔しかったり嬉しかったり楽しかったり…本当にたくさんのことを感じています。その気持ちを全て“チア”を通して伝えられたら」と振り返る。脚本・演出の伊藤は「僕が20代の頃から『こんな舞台をいつか観てみたい、作りたい』と思っていた作品です。演劇でありライブである、ライブでありその中にドラマがある。お客さんが観るだけではなく『参加して体感する』そんなLive Performance Stage「チア男子!!」にしていきたい」と熱く語った。

息ピッタリの歌やダンスで徐々に客席を巻き込み、最後の初ステージの熱気へとつないでいく様は見事。7人の鮮やかな笑顔とパフォーマンスで、客席のコール&レスポンスにも熱が入っていく。そんなパフォーマンスと同様に大切に描かれていたのが、それぞれが抱える悩みやコンプレックスと、そこに手を差し伸べるチームメイトの姿。誰かに支えられ、自分と向き合い、徐々に暗闇があけていく様子から感じる希望と、人を全力で応援するスポーツ・チアリーディング。その両方で観客を“応援”している舞台だった。

また、終演後に行われる“アンコールパフォーマンス”も必見。「こんなにいろんなジャンルのパフォーマンスが入っているものを見たことない」(本田)という圧巻のステージは、高校生ダンス甲子園での優勝経験を持つ皇希と福澤が振り付けたダンスなど、それぞれの特技を生かしたパフォーマンスが次々と披露され、最後の最後まで客席を盛り上げた。

公演は、12月18日(日)まで東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて。

取材・文:中川實穗

(C)朝井リョウ/集英社 (C)LPS「チア男子!!」製作委員会2016

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます