ドリュー・バリモア主演の感動作。新予告編が公開

2012.6.21 11:34配信
『だれもがクジラを愛してる。』 (C)2012 Universal Studios. All Rights Reserved.

ドリュー・バリモア主演のヒューマンドラマ『だれもがクジラを愛してる。』が7月14日(土)から日本公開される前に、本作の最新予告編が公開された。

予告編動画

本作は、冷戦真っ只中の1988年を舞台に、アラスカの凍った海に閉じ込められた3頭のクジラをめぐって、TVリポーター、石油会社や政治家、地元の狩猟民族、自然環境保護活動家らが奔走する様を実話を基に描く。

このほど公開された予告編は、TVリポーターが偶然に閉じ込められたクジラを発見する場面に始まり、バリモア演じる自然環境保護活動家がクジラを救出するために様々な人々を巻き込んでいく過程をテンポよく描いている。本作は、立場や信条の異なる人々の心がいつしか重なりあい、ひとつの目的に向かっていくまでを描いているが、この奇妙な物語は実話にインスパイアされている。

当時、この事件は世界中の人々が注目を集め、その予想外の展開から時に“奇跡のドラマ”と称された。映画がこの実話をどのように脚色しているかは不明だが、実話同様、にわかには信じられないような“奇跡のドラマ”が描かれているのではないだろうか。

『だれもがクジラを愛してる。』
7月14日(土)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国順次公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング