阿部サダヲ、佐々木希から「大好き」と告白されメロメロ

2012.6.22 12:46配信
(左から)佐々木希、永山絢斗、阿部サダヲ、貫地谷しほり、細川徹監督

“現代版ロビンソン・クルーソー”と評された椎名誠のコメディ小説を映画化した『ぱいかじ南海作戦』の完成披露試写会が21日、東京・新宿バルト9で開催され、主演の阿部サダヲをはじめ、永山絢斗、貫地谷しほり、佐々木希、長編監督デビューを飾る細川徹(劇団「男子はだまってなさいよ!」主宰)が舞台挨拶を行った。

その他の写真

リストラ&離婚を同時に経験した主人公(阿部)が失意の中訪れた西表島で、奇想天外なサバイバル生活をおくる姿をコミカルに描く。旅先で出会う仲間たちを永山、貫地谷、佐々木が演じ、それぞれ悩みを抱えながらも団結し、タイトルにある“作戦”を遂行すべく力を合わせて奮闘する。昨年11月から約1か月間、西表島でのオールロケを敢行し「のんびりした映画だから、のんびり撮ろうと。1か月間、同じ島にいるので仲が悪い人がいると大変じゃないですか(笑)。とにかくピリピリしないように意識した」(細川監督)。

阿部は、もともと細川が演出を手掛ける舞台の大ファンだったといい「昔から『好きだな』『出たいな』と思っていたので、本当に嬉しかった。台本も面白かった」。共演する永山は「終始笑いをこらえるのに必死でした」と阿部との共演を振り返る。貫地谷は「撮影が終わった後も、徒歩で行けるお店が1軒しかないので、みんな自然と集まって楽しくご飯を食べました。絢斗君と希ちゃんが、ずっとヤドカリを観察していて(笑)」と西表島ならではのエピソードを披露した。

佐々木は普段から「阿部のファン」と公言しており、今回の初共演に「緊張して、どんな方なのか妄想した。いざ会うと気さくで、イメージと違いました。本当はもっと暗い人かと思っていたので(笑)」とニッコリ。さらに「大好きです。ますます好きになりました」と告白し、阿部をメロメロに…。阿部は「映画の冒頭で全裸になっています。舞い上がっちゃって(笑)。別に(沢尻エリカが主演する)『ヘルタースケルター』を意識したわけじゃありません」と照れ隠ししていた。

『ぱいかじ南海作戦』
7月14日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング