藤山新太郎 藤山新太郎

古くは平安時代まで遡るという長い歴史を持つ日本のマジック、手妻(てづま)。奇術にストーリーや踊りを盛り込んだ手妻はヨーロッパや中国のマジックと一線を画しており、日本独自の進化を遂げている。そんな手妻を引き継ぐ第一人者、藤山新太郎の公演が大阪の文楽劇場で開催される。

「手妻 水芸の世界」チケット情報

自由自在に水を操る水芸に和紙で作られた蝶々をまるで生き物のように見せつつ、人間の一生を表している「蝶のたはむれ」、富山の薬売りの口上を復元し、奇術と併せて魅せる「越中反魂丹」などを披露する。

「実は、水芸は大阪が発祥の地なんです。元は“水からくり”と呼ばれ、単発の水を出すだけでしたが、笑いや踊りなど何でも取り入れた非常に大阪らしい芸能になりました。そんな発祥の地である大阪でぜひ、水芸の興行をやりたかったんです」と語る新太郎。今回の舞台では、明治時代ごろの大阪・道頓堀の中座や角座で上演されていた水芸を再現したいと企画した。「文楽劇場はあの頃の芝居小屋と同じくらいのサイズなんです。今回は、鼓や笛、三味線、琴など生演奏に合わせて水芸や手妻をやります」。

また、富山の薬売りの長台詞を復元し、口上を聞かせながら奇術でも楽しませる「越中反魂丹」では、その場で瓜が種から実になる「植瓜術(しょっかじゅつ)」や、砂を5色に染め分ける「五色の砂」という奇術を織り交ぜて見せる。「植瓜術」はインドを発祥とする2000年の歴史を持つ奇術で、日本でも『今昔物語』に登場する。古い歴史を持ちながら、滅多にお目にかかれない珍しい奇術を堪能できるのも本公演の魅力だ。他に、能と手妻の関係性を紐解く能の観世流シテ方 人間国宝の梅若玄祥との対談や、新太郎の弟子たちのショーも上演する。

「大阪のお客様は水芸が大阪で生まれたことを知らない方が多く、また観たくても観られる場所がありません。それではもったいない。これは大阪が誇るべき文化です。ぜひ観てください」と誘う。

『澤田隆治プロデュース 藤山新太郎 手妻興行「手妻水芸の世界」』は2月15日(水)大阪・国立文楽劇場 大ホールで上演。チケット発売中。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます