松たか子はフツーの人!? 『夢売るふたり』舞台挨拶で明かされた意外な一面

2012.6.29 11:35配信
(左から)阿部サダヲ、松たか子、西川美和監督

『ゆれる』『ディア・ドクター』の西川美和監督の最新作『夢売るふたり』の完成披露試写会が行われ、西川監督と主演の松たか子、阿部サダヲが登壇しての舞台挨拶が行われた。

その他の写真

本作は、営んでいた小料理屋が火事で全焼し、再出発のための資金集めをすべく結婚詐欺に手を染めていく夫婦の物語。これまでの作品でも一貫して人間同士の密な関係性を描いてきた西川監督は、本作を作るにあたり、「女性のみっともないところを描きたかった」と語る。「女の人の生活はどんどん多様になっていて、悩みも複雑。30代になってくるといろんな思いを抱き、あがきながら人生を歩んでいくしかない。そういう大人の女性の生きづらさ、都会の片隅でひっそり自分の生きる道を模索しているような女性を描いてみたいと思いました」。

実は、松と阿部は今回が初共演。現場での様子について監督は、「阿部さんはどの女の人と一緒にいても楽しそうだった(笑)」と証言。一方松については「完全なサラブレッドなのに、そういう女優さんには珍しく雰囲気がフツーっぽかった」と語る。それを立証するかのように阿部が「松さん、おソバ好きですよね」と一言。実は現場では何人もの男性スタッフが、松と一緒におソバを食べたことを自慢していたのだとか。さらには「食べるのも早いし、着替えもすごく早い。歌舞伎かって思うくらい(笑)」と、意外な一面が次々に明かされ、松がタジタジになる場面も。しかしそんな松も、「昼夜逆転のスケジュールでしたが、楽しく幸せな時間でした」と撮影中を振り返るなど、シリアスな物語とは打って変わって、現場は和やかな雰囲気だったようだ。

「全員が全力で役に向き合ってくれたおかげで、血の通った作品になった」と、手ごたえのほどを感じさせる西川監督のコメントには、役者たちもそれぞれ感慨深げに。阿部は「今までやったことのない役で、出したことのない表情が出せた。観終わった後の感想がそれぞれ違うんじゃないかな。3〜4日くらい話せると思うので、たくさん話し合ってください」と映画をアピール。松も「いろんな見方が出来る作品。どうか寛容な気持ちで楽しんでほしい」とコメントし、舞台挨拶を締めくくった。

『夢売るふたり』
9月8日(土)より新宿ピカデリーほかにて全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング