©けものフレンズプロジェクト/KFPA

2017年1月から放送がスタートしたアニメ『けものフレンズ』の主題歌を収録したCD「ようこそジャパリパークへ/大空ドリーマー」が2月8日に発売されました。

しかし、さっそく各所で品切れ・品薄となっており、購入できない難民フレンズが大量発生。一部の通販サイトなどでは倍以上の価格で取引される事態となっています。

「ようこそジャパリパークへ」は、メインキャラクターであるサーバル(cv.尾崎由香)のほか、フェネック(cv. 本宮佳奈)、アライグマ(cv.小野早稀)の3人による『どうぶつビスケッツ』と、各話の最後で次回予告を担当しているロイヤルペンギン(cv.佐々木未来)、フンボルトペンギン(cv.築田行子)、コウテイペンギン(cv.根本流風)、イワトビペンギン(cv.相羽あいな)、ジェンツーペンギン(cv.田村響華)ら5人による『PPP(ペパプ)』が歌うオープニングテーマ。

『月刊少女野崎くん』OPテーマ「君じゃなきゃダメみたい」などを手がけるアーティスト・大石昌良(オーイシマサヨシ)が作詞・作曲を担当しています。

各地のショップや通販サイトなどを利用して、CDを購入しようと思っていたフレンズたちから、「売り切れだって!なにこれー!」「プレミア価格になってるー!」と、Twitterなどでは品切れや品薄の状況を伝える投稿があがっています。

難民と化してしまったフレンズたちの間では「もしかして、もう手に入らないのでは?」と不安が広がっています。

しかし、『けものフレンズ』公式Twitterアカウントから、現状の品薄状態を認めつつ「追加生産・順次出荷を行っております」と発表されています。フレンズたちも一安心。よかったー!

iTunesやAmazonなどではデジタル配信も行われているので、「増産が待ちきれないよー!」というフレンズはそちらもチェックしてみては。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます