米国企業Payoneer(ペイオニア)は、2月16日、東京アメリカンクラブ(港区麻布台)にて、国内での本格的な営業開始を発表した。

ぺイオニア・ジャパンの根本啓カントリーマネジャーは、「注目を集める越境ECをはじめ、訪日旅行者向けのサービスなど、新しい国際商取引が続々と誕生するなか、国内での営業活動を本格化させることとなった」と説明した。(BCNメディア編成部)

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます