(写真左より)鹿島アントラーズ・石井正忠監督、遠藤康、浦和レッズ・武藤雄樹、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督 (写真左より)鹿島アントラーズ・石井正忠監督、遠藤康、浦和レッズ・武藤雄樹、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督

いよいよ明日、シーズン到来を告げる『FUJI XEROX SUPER CUP 2017』がキックオフを迎える。2月17日、両クラブの指揮官、選手が記者会見に臨み、次のように意気込みを語った。

FUJI XEROX SUPER CUP 2017 チケット情報

「『FUJI XEROX SUPER CUP』は昨季結果を残したチームが出られる大会。この大会に出られてうれしく思う。鹿島はこれまで5回優勝しているが、同じくらいの数だけ負けている。今年はクラブにしっかりタイトルをもたらしたい」(鹿島アントラーズ・石井正忠監督)
「この素晴らしい大会でレッズと戦えることを幸せに思う。もちろん、出るだけではなく、全力で勝ちにいきたい」(同・遠藤康)
「この『FUJI XEROX SUPER CUP』に出場できることを栄誉に思う。鹿島という素晴らしい相手と素晴らしい試合をして、タイトルを持ち帰りたい」(浦和レッズ・ミハイロ・ペトロヴィッチ監督)
「明日の試合は最初の公式戦、勝って『ACL』、『リーグ戦』に弾みをつけたい。去年終盤に悔しい思いをさせられた鹿島に勝つことで自信がつけられる」(同・武藤雄樹)

キャンプ、そして新チームに対する手応えを問われた両監督はこう答えた。
「これまでと異なり、いきなり試合をする中で調整をしてきた。新しい形での準備だったが、思ったより順調にきているし、新戦力の慣れも思ったより早い。明日はいい形で試合に臨めると思う」(石井監督)
「キャンプを終えて『準備がうまくいっていない』と言う監督はいない。私も常にキャンプが終わったら『いい準備ができた』と言っている。キャンプを通して、チーム一丸となって、やるべきことをやってきた。だが、いい準備ができたかどうかは公式戦が始まってみないとわからない。とにかく走り、戦い、より攻撃的なサッカーをしていく」(ペトロヴィッチ監督)

相手チームの印象と勝敗のポイントについて質問が飛ぶと、両選手は以下のように答えた。
「僕らは王者になったが、年間勝点1位だし、本当のチャンピオンはレッズだと思っている。僕らはチャレンジャー。勝負を分けるポイントは流れの中で点を取れればいいと思うが、こういうビッグクラブとの試合ではセットプレーが大事になってくる」(遠藤)
「鹿島はその歴史を見ても勝負強さがある。いつもレッズがボールを支配するが、アントラーズは我慢できるし、一発で仕留める力を持っている。レッズは一瞬の隙も与えないように戦わないといけない」(武藤)

『FUJI XEROX SUPER CUP 2017』は2月18日(土)・日産スタジアムでキックオフ。明日タイトルを手にして、2月21日(火)に初戦を迎える『ACL』、2月25日(土)に開幕する『明治安田生命J1リーグ』に勢いをつけるのは鹿島か、浦和か。チケット発売中。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます