なでしこジャパン・佐々木監督が金メダル宣言。ロンドン五輪代表メンバー発表

2012.7.2 19:33配信
左から、U-23日本代表・関塚隆監督、なでしこジャパン・佐々木則夫監督 左から、U-23日本代表・関塚隆監督、なでしこジャパン・佐々木則夫監督

日本サッカー協会は7月2日、ロンドン五輪に臨むU-23日本代表となでしこジャパンの最終メンバー18名を発表した。男子は五輪予選で主力を張ったFW・大迫勇也に代わり身長187cmと高さを誇る杉本健勇、女子では故障明けの丸山桂里奈、19歳の岩渕真奈が選出されるなどサプライズもあったが、何よりも印象に残ったのがなでしこジャパンへの期待度の高さ。と言うのも、メンバー発表記者会見は、なでしこ、U-23代表の順で行われた。なでしこのメンバー発表後に、30名ほどの記者・カメラマンは会場を後にしたのだった。

キリンチャレンジカップ2012 開催情報

ロンドン五輪へ向けてのコメントも対照的だった。なでしこジャパン・佐々木則夫監督が「一番光っているメダルを取るためのメンバー」と明言したのに対し、U-23日本代表・関塚隆監督は「ひとつでも高みを目指して戦いたい」と語り、「メダルを目指す」というセリフは最後まで聞かれなかった。ここに金メダルをも期待されるなでしこと、まずはグループリーグ突破が目標のU-23代表の立ち位置の違いがあった。

また、記者発表後には澤穂希の会見も行われた。コンディション万全ではなかった澤は「今日名前が呼ばれてホッとした」と安堵の表情を見せるとともに、4度目となるロンドン五輪を「集大成」と定めた。「年齢的に考えても最後の五輪。メダルを取りたい。本当は金メダルと言いたいが、五輪に簡単な戦いは1試合もない。まずはメダルが目標」とズバリ。

18名のメンバー中FWが6名を占めたなでしこ、才能溢れる若きアタッカー陣が揃うU-23代表は、7月11日(水)・国立競技場で壮行試合に臨む。サッカーの聖地で、決戦の地・ロンドンへ旅立つ両代表に声援を送りたい。

■U-23日本代表登録メンバー18名

■なでしこジャパン登録メンバー18名
GK 福元美穂(岡山湯郷)、海堀あゆみ(INAC神戸)
DF 近賀ゆかり(INAC神戸)、矢野喬子(浦和レディース)、岩清水梓(日テレ・ベレーザ)、鮫島彩(移籍手続き中)、熊谷紗希(フランクフルト)
MF 澤穂希(INAC神戸)、宮間あや(岡山湯郷)、川澄奈穂美(INAC神戸)、阪口夢穂(日テレ・ベレーザ)、田中明日菜(INAC神戸)
FW 安藤梢(デュイスブルク)、丸山桂里奈(大阪高槻)、大野忍(INAC神戸)、大儀見(永里)優季(ポツダム)、高瀬愛実(INAC神戸)、岩渕真奈(日テレ・ベレーザ)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング