左から、,鈴木聡、黒川智花、片桐仁、中島亜梨沙、中屋敷法仁 左から、,鈴木聡、黒川智花、片桐仁、中島亜梨沙、中屋敷法仁

喜劇の名手である劇団「ラッパ屋」・鈴木聡が書いた傑作『サクラパパオー』が、若手演出家として注目を集める劇団「柿喰う客」・中屋敷法仁の手によって、新たなコメディとして生まれ変わる。3月2日には東京乗馬倶楽部にて製作発表が行われ、鈴木、中屋敷のほか、主演を務めるA.B.C-Zの塚田僚一をはじめ、中島亜梨沙、黒川智花、片桐仁らキャストが登壇した。

舞台『サクラパパオー』チケット情報

『サクラパパオー』は、トワイライトレースが行われる夜の競馬場を舞台にしたワンナイトコメディだ。公演にあたってキャストたちで競馬場を訪れたことを振り返りながら、塚田が「まず競馬場の雰囲気に圧倒されました。会社勤めの僕たちのお父さん世代が多いのかなと思っていたらそんなことはなく、カップルで来ていたりファミリーで来ていたり。いろんな人がいる中で、勝った人もいて、負けた人もいて、いろんな感情が交錯しているのがおもしろい」とコメントしたように、鈴木が本作で描いたのは、馬に乗るジョッキーの姿ではなく、まさに競馬場に集まった様々な人間模様だ。

鈴木は「この作品は僕が昔、競馬に初めて行ったとき、おもしろさに夢中になってその勢いで書いた作品。そのときのワクワク感がいっぱい詰まっている。そこをぜひ楽しんでいただきたい。競馬場というのは、人のいろんな気持ちがあふれている場所。ひとりひとりが持つ、いろんな気持ちを力いっぱい演じてもらえたら」と今回の上演に期待を寄せた。

また、中屋敷は演出にあたって「この個性豊かなキャストの生々しい姿と、バカバカしい姿をたくさん見られたら。(主演の塚田については)台本上では、バック転とかないんですけど、勝手に増やそうかなと(笑)。馬券を買うとか、馬に人生を託すみたいなその興奮状態というのは、塚田君の体を使って、いろんな表現ができるんじゃないかな」と塚田の身体能力の高さを生かした演出プランを披露した。

塚田は「競馬の小ネタや“あるある”がたくさん入っていて、競馬ファンが楽しめるのは間違いないですし、競馬を知らない方も、そこで生まれる人間ドラマを楽しんでもらえると思います。いろいろなハプニングやドタバタがありながらも、最終的には、みんなでサクラパパオーという馬を応援するという、すごくあったかいコメディ。ぜひ劇場に観にきてください」とメッセージを送った。

公演は、2017年4月26日(水)から30日(日)まで埼玉・彩の国さいたま芸術劇場、5月10日(水)から14日(日)まで東京・東京国際フォーラム ホールCで上演。その後、宮城、愛知、大阪と各地をめぐる。チケットは明日3月4日(土)より一般発売。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます