知人が次々結婚していくと、そろそろ自分の結婚を意識する反面、離婚経験者や仮面夫婦の男女が世間では多いことも気になり、踏み出せないあなた。

夫婦円満な生活が長続きするか、破綻しやすいかは結婚前のまさに今、確認できてしまうことをご存知ですか?

今回は、答えるだけで彼との離婚確率が分かってしまう3つの質問をご紹介します。

質問その1:どうして結婚したいの?

結婚をしたくなった理由の本音が“適齢期だから”と、世間一般に言われることによる結婚への焦り、または“親に急かされるから”と、自分の意思ではなく他人の意思での結婚への憧れなら、離婚確率が高い傾向にあります。

なぜなら、世間体を第一に考えた結婚をしようとしているからです。

また「別の相手を探すのが面倒…」というような安易な考えで、現在の彼を結婚相手と決めるのもよくありません。

考えることさえ面倒なことから逃げる姿勢で結婚してしまうと、いざ結婚後に彼よりも理想の相手に出会った時に、結婚したことを後悔する典型的パターンに陥るからです。

さらに「結婚式したい、指輪が欲しい」という理由もNG。

結婚は生活そのものという現実を理解せず、結婚=結婚式に関するさまざまなセレモニーをすることだけを結婚の目的としているため、あらゆるセレモニーを終えた後、生活という単調な現実に耐え切れなくなるのです。

質問その2:心底嫌な思いはしていませんか?

心底嫌だと思うほど、相手の言動や行動、思考、癖など相手の人間性そのものに嫌気がさす思いを感じた時があったら、それは要注意。

嫌な気分になるにも関わらず、その気持ちを押しつぶしたりしていませんか?

または辛さに耐え切れずそれを相手に伝えても、相手が改善する見込みも罪悪感もないのであれば、かなりの確率で離婚する可能性が高くなります。

恋愛の時は好きな部分に目が行きがちですが、結婚すると、嫌と感じる部分のほうばかりに目が行ってしまうもの。

あなたにとって最も不快と感じる価値観を揺らがす事態に遭遇するたびに、相手への愛情はどんどん磨り減ってしまうのです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます