舘ひろし「アイドル目指す」 関ジャニ∞“8人目のメンバー”に名乗り

2012.7.9 11:49配信
(左から)ベッキー、舘ひろし、堤幸彦監督

人気アイドルグループ「関ジャニ∞」のデビュー8周年を記念し、製作された映画『エイトレンジャー』の完成披露試写会が8日、東京・TOKYO DOME CITY HALLで行われ、主演を務める同グループメンバーの横山裕、渋谷すばる、村上信五、丸山隆平、安田章大、錦戸亮、大倉忠義の7人をはじめ、共演する舘ひろし、ベッキー、蓮佛美沙子、東山紀之、堤幸彦監督が舞台あいさつに立った。

その他の写真

関ジャニ∞が自身のコンサートで上演してきた同名の戦隊パロディ企画を、堤監督のメガホンの下“まさかの”長編映画化。悪の組織によって支配され荒廃してしまった近未来都市・エイトシティーを舞台に、さまざまな事情を抱える7人の若者がヒーローとして、平和と未来を取り戻す戦いに臨む。レンジャーのリーダー“ブラックレンジャー”役の横山裕は「この夏はいろいろなヒーロー映画が公開されますが、エイトレンジャーが日本で一番のヒーローもの」とアピールし、ハリウッド映画に負けない自信のほどをのぞかせた。

舘はシルバーの戦隊スーツに身を包み、エイトレンジャーとともに闘う伝説のヒーロー“キャプテン・シルバー”を熱演し「この映画をきっかけにアイドル目指します。エイトですが、7人しかいないので、8人目はオレかな」と意気揚々。また、出演オファーを受けた際、所属事務所のスタッフから「もちろん、やりませんよね」と言われた裏話も披露した。共演した関ジャニ∞のメンバーについては「それぞれに才能があり、感性も豊か。それに本音ですごく仲が良くて素晴らしい」と手放しの絶賛だった。

腐敗した警察機構に憤りを感じ、エイトレンジャーとともに闘う女刑事を演じたベッキーは「私は一秒も笑ってません。真顔ばかりで私を嫌いになるかもしれませんが、いつもと違う、新しい私を観ていただければ」。エイトレンジャーと対立する悪の総統役の東山は「関ジャニがこんなに『かわいい、かわいい』って言われてると思ってなかった」と黄色い声援を浴びる後輩たちに驚きを隠せない様子だった。

堤監督は「とにかく楽しさを伝えたかった。もちろん、ストーリーもしっかり伝えたいという思いでCGや音楽もハデに使っている。ヒーローものとしてはもちろん、青春、感動、アクション、近未来SFといろんな要素を詰め込んだ」と手応え十分の様子だった。

『エイトレンジャー』
7月28日(土)より全国東宝系ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング