撮影:三上富之 撮影:三上富之

雪組トップスター早霧(さぎり)せいなと咲妃(さきひ)みゆの退団公演となる『幕末太陽傳』『Dramatic“S”!』が、4月21日、兵庫・宝塚大劇場で幕を開けた。本公演は103期初舞台生40名のお披露目公演でもあり、幕開きには羽織袴姿の初舞台生が口上を行い、ショーでは美しいラインダンスを披露した。

宝塚歌劇雪組『幕末太陽傳』/『Dramatic “S”!』チケット情報

第一幕の『幕末太陽傳』は、1957年に公開された鬼才・川島雄三監督の映画を原作にしたミュージカル。実在した品川の遊郭・相模屋を舞台に巻き起こるさまざまな人間模様を軽快に描いた人情喜劇で、『居残り佐平次』を中心に、『品川心中』『三枚起請』『お見立て』などの古典落語を組み合わせて作られた物語だ。早霧が男役の集大成に演じるのは、無一文で相模屋にやってきた町人・佐平次。豪勢に芸者を呼び、大尽遊びに興じた翌朝、堂々と居残りを決め込んで番頭まがいの仕事を始め、次々と起きる騒ぎを持前の度胸と機転で解決していく。そうするうちに佐平次は廓の人気者となるが…。

佐平次は、早霧の個性をギュッと詰め込んだようなキャラクター。飄々として軽妙でいなせなカッコ良さもあり、どこか人を惹きつける魅力がある。それでいて、表では見せない佐平次の“陰”の部分も繊細に表現している。また、咲妃が演じるのは客を選り好みする相模屋の女郎おそめ。気が強く、トップを争うライバルのこはると大乱闘を立ち回りで魅せるシーンも見もの。佐平次とおそめとの関係性も早霧と咲妃の関係性を表しているようで、ほっこりと温かさを感じる展開だ。そして、次期トップスターの望海風斗(のぞみ・ふうと)は、長州藩士・高杉晋作役。佐平次との友情や信頼関係が生まれていく様を丁寧に演じ、安定感のあるしなやかな演技で魅せる。他にも、佐平次とおそめを中心としながらさまざまな人物にスポットが当たり、テンポ感のある展開で見せるのが楽しい。

第二幕の『Dramatic“S”!』は、雪組の魅力をたっぷりと堪能できるショー。ゴールドのゴージャスな衣裳をまとった華やかなプロローグから、下級生にも見せ場を作り、ノンストップで繰り広げていく。初舞台生によるロケットも見応えのある展開で、初々しさと共に頼もしさも感じさせる。さらに、サヨナラならではの壮大な演出、黒燕尾のクールな群舞、咲妃とのロマンチックなデュエットなど、瞬きすら惜しいほどに見どころ盛りだくさん。早霧を中心とする雪組の、熱く強い“絆”を感じるステージになっている。

公演は、5月29日(月)まで兵庫・宝塚大劇場にて上演中。その後、6月16日(金)から7月23日(日)まで東京宝塚劇場にて上演。東京公演のチケットは5月14日(日)10:00より一般発売開始。

取材・文:黒石悦子

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます