まるでTVドラマのように、感傷的な言葉を言いたくなるときってありますよね。雰囲気だけ真似するというか。

なんだかカッコいい気分になりますが、現実では言っても効果がなく、相手に響かないばかりかTVドラマとは全然違う展開になってしまうので注意が必要です。

具体例をご紹介します。

「そんな人だとは思わなかった」

TVドラマの中では、女性がこう言うと男性は「ごめん、どうかしてたよ」と心を入れ替えて頑張るでしょう。

でも実際はどうでしょう。自分を全否定されたので、不快感を抱くか怒ります。そして言った人を嫌いになるのです。

もし自分が言われたら「悪かったね、私はこういう人だよ」と思いませんか?

そこで前向きにとらえて頑張る人は、相手にコントロールされている人か、相手にぞっこん惚れていて、自分の立場が下の場合です。

「別れましょう」

TVドラマでは「そんなこと言うなよ。愛してる」と男性は返すでしょう。しかし実際は……無言で別れを受け入れ去ってしまうことがほとんど。

すがるのはやはりプライドが許さないし、「別れましょう」には「あっそう、わかったよ別れよう」と、売り言葉に買い言葉になるパターンが多いでしょう。

「もう何も言わないで」

彼が言っていることや言い訳は嘘もあるのですが、話を聞かないとそもそも何が起きたのか、彼がその上で何をしようとしているか、そして何を隠そうとしているのか、どんな風に展開させようとしているのかなど、彼から引き出す情報がなくなります。

何か気になるなら、どんどん話をさせたほうがいいのです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます