日々育児や家事に忙しいママ。その中でも毎日の献立を考えるのって結構大変。慌ただしい朝のお弁当作りや晩御飯の準備。少しでもラクしたい! と思うママも多いはず。

さて、そんなママにおすすめなのが、最近話題の作り置き。書店でもたくさんレシピ本を見かけますし、専門のサイトなどもあります。

ただ、今の時期気になるのは、食中毒……。

そこで今回は、作り置きレシピを始めたいけど、食中毒も心配というママに、『身につく作り置き-料理の腕がぐんぐん上がる-』より作り置きのルールをピックアップしてお伝えいたします。

梅雨の時期に気をつけたいのは、“細菌”による食中毒

食中毒というと、ノロウイルスなどウイルスによるものが有名ですが、梅雨の時期に気をつけたいのは、“細菌”による食中毒です。

湿度や気温が高くなる梅雨は、細菌の繁殖に適した条件が揃いやすいです。普段の生活の中で、実はあちらこちらに食中毒の原因となる細菌が潜んでいます。

ですが、細菌はとても小さく肉眼では見ることができないですし、食べてみてもそれを発見するのは難しいのです。

作り置きレシピは、作ってすぐに食べるものではありません。こちらの本のレシピでも、冷蔵で2日~1週間ほどの保存期間が設定されています。

もちろんこれは、正しい保存の場合の目安ですので、ご注意を。

食中毒を防ぐ作り置きのコツ4つ

(1)買い物後は寄り道せず、すぐに帰宅する

食中毒予防のために大切なこと。スガさんは著書の中で、「食材を購入するところから、食中毒予防は始まります。」と言っています。

さらに、「購入後は寄り道せずにすぐに帰宅し、食材を冷蔵庫や冷凍庫に保存します。」と続けます。

肉や魚、野菜などの生鮮食品は、新鮮なものを購入し、真夏は保冷バッグなども活用するといいでしょう。

これは筆者も実践していましたが、肉や魚など買い物の最後に買い物カゴに入れることも大切です。著書の中では、さらに細かく食材の取り扱い方が書かれていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(2)保存容器は忘れずに消毒

スガさんは、保存容器を食品に使えるアルコール消毒スプレーを吹きかけ、キッチンペーパーで拭き取ってからおかずを詰めることをおすすめしています。

スガさんいわく、この方法は、「手軽、確実、時短、低コスト」でおすすめなのだとか。

確かに、これなら簡単なので、続けられそうですね。合わせて、キッチンを清潔に保つことと、手洗いも忘れないようにしましょう。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます