お世話になりまくっております!鈴木妄想の研究タイムでございます!

今回の研究は、「lyrical school(リリカルスクール)」というグループ。そう、そうなんです!よくぞ気づいてくださいました!このグループ、6人組ラップ・アイドル「tengal6」が8月から改名、そしてタワーレコード主催のアイドルレーベル「T-Palette Records」に電撃移籍!という流れなのデス!もともと、超有名アダルトグッズTENGAの全面協力によってtengal6として結成されたこのグループ、その経緯と反して(?)、清純派ヒップホップアイドルとなっております。さらに、バニビ・Negicco・LinQ・しず風絆という曲者ぞろいのT-Paletteに移籍ということで、これはもう注目するしかない!というわけで、改名直前のイベントに潜入取材してまいりました!メンバーやあの人へのスペシャルインタビューもあるよ!

この日tengal6が出演したのは(ライブレポは改名前なのでtengal6表記で行きます!)、渋谷のクラブWOMBで開催された「ササクレフェス」という音楽フェス。ヒップホップ系を中心に、かなり個性的で幅広いメンバーが出演してました。
tengal6の前に登場したのは、ネットレーベルMaltine Records [http://maltinerecords.cs8.biz/] 
総帥、tomad氏!実は彼が高校生くらいのときからネット上でやりとりしたり、鈴木主催のイベントに出演してもらったこともあるので、なんだか感慨深かったり。ラスト近くでは、tengal6のシングル「プチャヘンザ!」をプロデュースした盟友tofubeatsの楽曲を連続でプレイ。「水星」「プチャヘンザ!」はリミックスを、そしてテン年代の新たなアンセムになりつつある「朝が来るまで終わることのないダンスを」はじっくりと聴かせてくれました!ナイスプレイ!いやー、現在20代前半の若者がこうやって元気に暴れているのを見るのは、ほんと嬉しいというか頼もしいというか…。そして彼らのような若い才能が、アイドルシーンと近いところにいるっていうのも面白い事実だったりします。
(Maltineから、でんぱ組.incの夢眠ねむきゅんがリリース [http://maltinerecords.cs8.biz/i1.html] したりしてましたね)

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます