「さすがデンゼル!」の声多数! 『デンジャラス・ラン』が覆面試写会で好評

2012.8.10 15:21配信
『デンジャラス・ラン』(C)2012 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

9月7日(金)より公開されるデンゼル・ワシントン主演映画『デンジャラス・ラン』のモニター試写会が実施され、上映後のアンケート結果が発表された。

その他の写真

本作は、CIAを裏切った元“伝説のスパイ”トビン・フロストと、彼を護送することになった新米CIA局員マットの逃亡劇を描いたサスペンス・アクション。マットは、何者かに命を狙われるフロストを守りとおさなければならない、だがそのフロスト自身に寝首をかかれるかもしれない、という難しい立場に追いやられてしまうのだが、観客は彼の視点で激しいカーチェイスなどのアクションやスリリングな物語を味わうことになる。

今回の試写会は上映まで作品名が伏せられる“スニーク・プレビュー”として行われたため、10代から50代の観客たちは何の映画の試写会なのかを知らないまま参加したのだが、上映後のアンケート調査では、「とても面白い」「面白い」という感想が全体の91%を占めるという結果に。特に前述のようなストーリーゆえか「緊張感が最初から最後まで途切れない」「スピード感がたまらない」「手に汗握った」などスリルに関する声が多く寄せられ、「ハラハラドキドキしたか」という質問には93%が「はい」と回答した。

一方、俳優陣の演技についても多くのコメントが寄せられた。本作の大きな見どころのひとつといえるのがいわゆる“悪役”に扮したデンゼル・ワシントンの演技だが、それについては「かっこいいデンゼルが帰ってきた」「デンゼルの演技には凄みを感じた」「デンゼルだけにただの悪役に止まらない深みがある」「“デンゼルの映画にハズレなし”を痛感」など、さすがの名優ぶりを感じさせる結果に。また、それに負けない高評価を集めたのが、マットを演じた若手注目株ライアン・レイノルズで、「巻き込まれっぷりがリアル」「名優との競演で演技力もアクションもどんどん成長している」「彼の最高作では」といった声が。すでに映画ファンにはおなじみの存在となっているレイノルズだが、本作を機に日本での認知度がさらに上がりそうだ。

全米公開時には7週連続で興収ランキングのトップ10入りを果たし、批評家からも好評を得ていた本作。今回の試写会での高い評価は、そんな下馬評を立証する結果になったようだ。

『デンジャラス・ラン』
9月7日(金)より、TOHOシネマズ 有楽座ほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング