甘え上手は恋愛上手。男性がはなれられなくなってしまう子って、甘えるのがとっても上手いんです。

元No.1キャバクラ嬢で恋愛アドバイザー・高野麗子さんによると、「女性に甘えられたくて甘えられたくて死にそう」なのが男心だそう。

7000人以上の殿方を癒してきた高野さんの著書『甘える技術 彼があなたを手放せなくなる魔法』を参考に、長く深く愛されるための“甘えテク”をご紹介します!

「甘える」と「媚びる」の違いを知ろう

「人に甘えるのって何だか苦手。自分のキャラじゃないし……」と、甘えることに抵抗感をおぼえている人は、甘えることと媚びることを区別していないのかもしれません。

  • 媚びる……相手の機嫌をとってはいるが、自分本位の打算的な行為。
  • 甘える……相手の価値や能力を認めて、自分の気持ちを預ける行為。

この違いを知って、媚びずに甘えることが、すごく大事。

男性は女性に比べ、「自分を認めてほしい」という“承認欲求”が、とっても強い動物です。女性が「あなたが必要なの」と素直に甘えれば、男性の欲求を満たすコトができる、だからバランスがとれて、いい関係を築きやすいのです。

甘えることのイメージを、決して自分勝手ではなく両者がハッピーになる行動として、塗り替えていきましょう。

軽い甘えテクから実践!

いきなり好きな人に甘えるのって、勇気がいりますよね。「迷惑がられたらどうしよう」と不安になる気持ちはわかります。

不安を克服したければ、「絶対に」練習が必要だと高野さん。周りの男性を相手に、日常会話で甘えるトレーニングをすることをオススメしています。

「甘えることに罪悪感をおぼえる必要はない」という小悪魔なアドバイスを信じて、軽い甘えテクから実践を!

ここからは、ほんの一部ですが、具体的に甘える技術をお伝えしますね。

1.「できない」宣言で弱みを見せる

「○○できない」と、自分の頼りなさを口に出す練習をしましょう。続けて、「助けて」「ダメなの」といった弱音も。

初めは棒読みOK。ぶりっこ口調にする必要もなし。ただ言うだけです。

容器のふたが開けられない、高い位置にあるモノに手が届かないなど、できないことはできないと口に出す。それに、時には人の手をわずらわせてください。

「そういえば、“できない”って言うのは何年ぶりだろう」なんて人もいると思います。現代女性は働いている人が多く、頑張り屋さんの甘え下手になりがち。プライベートの時間でも、心の鎧を脱げなくなっているのではないでしょうか。

仕事の世界では「甘えは禁物」だけど、恋愛の場面では「甘えは必要行為」。気持ちをゆるめて、ホントはそんなにしっかりしていない自分のことも、知ってもらいましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます