乃木坂46・生田絵梨花が“音感の良さ”で人気映画の日本語版キャストに

2012.9.6 15:8配信
『ハンガー・ゲーム』日本語吹替版声優に決定した生田絵梨花

全米4週連続1位に輝いた大ヒット作『ハンガー・ゲーム』の日本語吹替版声優を、乃木坂46の中から選出する“声優サバイバルオーディション”が行なわれ、オーディションを勝ち抜いた生田絵梨花が日本語版のキャストを務めることが決まった。

その他の写真

『ハンガー・ゲーム』は、独裁国家を舞台に、最後のひとりになるまで戦い続けなくてはならない命懸けのサバイバルバトル(=ハンガー・ゲーム)に参加することになった主人公の過酷な運命を描くアクション大作。生田は、劇中で主人公と絆を育む重要な人物のひとり、12歳の少女ルーを演じる。

オーディションは、本作の映画配給会社と吹替版の音響監督の審査によって実施され、生田は、ピアノや歌う事が得意という音感の良さで、シリアスなシーンも難なくこなし、審査員からダントツの評価を得て、少女ルー役を勝ち取った。後日行なわれたアフレコ収録を終え、生田は「初めてのアフレコ体験は、自分が考えていた以上に大変でした。さりげない言葉ひとつに、動作や思いがこめられているのですが、そのバランスを含め、声だけに表現のすべてを出すというのが、とても難しいポイントでした」とコメント。現場では、音響監督から「初めてとは思えない!」と絶賛されるほどの瑞々しい演技を披露したという。

また、生田は「『ハンガー・ゲーム』は壮絶なドラマがたくさん入っている映画です。ルーという、とても重要な役を今回担当することになって嬉しく思います。ちょこっと注目していただければ嬉しいです」と語っている。

『ハンガー・ゲーム』
9月28日(金) TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング