音楽から映画の世界へ! リアーナが初出演作『バトルシップ』を語る

2012.9.11 14:40配信
『バトルシップ』 (C)2012 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

ユニバーサル映画100周年記念作『バトルシップ』のブルーレイ&DVDのリリースを記念して、本作でハリウッド映画デビューを飾ったリアーナのコメントが届いた。

その他の写真

『バトルシップ』は、ハワイ沖に現れたエイリアンの陰謀を阻止するため、日米をはじめとする世界連合艦隊が戦いを挑むSFアクション超大作。リアーナは、バルバドス出身の人気歌手。デビュー時から注目を集め、3枚目のアルバム『グッド・ガール・ゴーン・バッド』で圧倒的な成功を記録し、以降もセクシーなルックスと歌唱力、巧みなプロデュース力を武器に全世界的な成功を収めている。

以前より「演技には興味を持っていて、自分がどれくらいできるのかを試してみたいと考えていた」という彼女だが、「どんな映画を最初にやりたいと考えたことはなかった」という。しかしある日、「役に私がピッタリだと考えたピーター・バーグ監督が電話をしてきました」と振り返る。劇中で彼女が演じたのはアメリカ海軍の新兵レイクス。愛らしいルックスから想像もできないほどタフで、極限状態に立ち向かっていく女性だ。リアーナは役のためにトレーニングを積み、髪型も変えた。さらに、武器についても訓練を積み、自分で取り外しや扱いができるようになったという。「私が演じたレイクスのような若い女性が実在していて、彼女は実際に武器担当の将校なので、武器についてたくさん教えてくれました。ジャッキーというのですが、彼女とは多くの時間を過ごしましたね」。

リアーナは2000年代以降で最も全米チャートNo1を獲得した楽曲の多い“超”のつく人気アーティストだ。しかし、彼女は映画の世界では初心者。本人もそのことを自覚している。「自分が対応できるだけの小さな役だったのでこの映画を選んだのです。私は自分が演技の世界でもちゃんとできると改めて確認したかった。私は俳優、女優のみなさんを尊敬しています。音楽は私自身に近いものですが、映画では決して自分自身を演じることはありません。別の人物を私の身体で置き換える、だからこそ私にとって楽しいのです」。

音楽の世界で築きあげた地位に頼らず、ゼロから演技の世界に飛び込んだリアーナ。彼女は本作の出演を経て「映画をもっとやれることを楽しみにしています。ラブコメディーや、傷つきやすい役もやってみたいですし、もっと違うタイプの役を演じてみたい」と今後の意気込みを語っている。

『バトルシップ』
ブルーレイ+DVDセット(3枚組) 4190円(税込)
 ※デジタル・コピー付
DVD 3360円(税込)
発売&レンタル中
発売・販売元:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

いま人気の動画

     

人気記事ランキング