ソニー、「もくじでジャンプ」機能を搭載したBDレコーダー7機種

2012.9.18 20:27配信
BDZ-EX3000

ソニーは、録画済み番組の中から見たいコーナーを簡単に見つけて再生できる新機能「もくじでジャンプ」を搭載したブルーレイディスク(BD)レコーダーを、10月13日に発売する。

ラインアップは、地上・BS・110度CSデジタルチューナーを3基搭載した「BDZ-EX3000」「BDZ-ET2000」「BDZ-ET1000」、2基搭載した「BDZ-EW2000」「BDZ-EW1000」「BDZ-EW500」、1基搭載した「BDZ-E500」の計7機種。トリプルチューナーの「BDZ-EX3000/2000/1000」は、無線LANを内蔵する。また、シングルチューナーモデル「BDZ-E500」は、本体とリモコンのカラーを統一したブラック(BDZ-E500B)とホワイト(BDZ-E500W)の2色を用意する。

「もくじでジャンプ」は、番組放送後に更新されるエム・データ提供のデータベースを使って、録画した地上デジタル放送の番組に対し、番組内のコーナーごとに区切った「目次情報」や、番組内で紹介された「お店」「商品」などの詳細情報を確認できる新機能。録画番組の再生中や録画番組一覧画面で、リモコンの「コーナー目次」ボタンを押すと、番組内のコーナーごとに区切った情報が一覧表示され、見たいコーナーを簡単に見つけて再生できる。データベースは、本体や接続している外付けHDDにダウンロードされるので、いつも最新の情報を利用できる。

全機種が市販のUSB HDDへの録画に対応し、外付けHDDに録画した番組も、別の部屋で録画番組を視聴できる「ソニールームリンク」(DLNAサーバー機能)に対応する。また、「BDZ-E500」を除く6機種は、録画した番組をXperia TabletやスマートフォンのXperiaシリーズの対応機種などにワイヤレスで転送し、対応端末上で視聴できる「ワイヤレスおでかけ転送」機能を搭載する。1時間番組なら最速2分30秒で転送でき、ワイヤレスホームネットワークに機器を接続し、事前に転送設定をしておけば、自動でワイヤレス転送する。

最上位機種「BDZ-EX3000」は、進化した高画質回路「CREAS Pro(クリアス プロ)」を搭載。デジタル放送やBD/DVDソフトなどの映像を、より高精細な画質で楽しめる。金メッキ仕様のHDMI出力端子2系統なども備える。

今後、Android搭載タブレット端末でレコーダーを操作できるアプリ「RECOPLA」(ベータ版)をアップデートし、タブレット端末上で「ワイヤレスおでかけ転送」(Xperia Tablet、Xperia Tablet Sシリーズのみ)、「もくじでジャンプ」の操作を可能にする。また、10月中には「RECOPLA」の一部機能を利用できるiPad向けアプリの配布を開始する予定。

価格はオープンで、実勢価格は、トリプルチューナーモデルでHDD容量3TBの「BDZ-EX3000」が30万円前後、2TBの「BDZ-ET2000」が13万円前後、1TBの「BDZ-ET1000」が11万円前後、ダブルチューナーモデルで2TBの「BDZ-EW2000」が10万5000円前後、1TBの「BDZ-EW1000」が8万5000円前後、500GBの「BDZ-EW500」が7万円前後、500GBのシングルチューナーモデル「BDZ-E500」が6万円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング