さわやかな汗をかく女性

汗が「天然の美容液」といわれる理由

汗というと、汚くて、ニオイや汗じみも気になるため、女性の天敵のように思えます。でも、実は汗はスキンケアの味方になることもあるのです。

皮膚科医で、しのぶ皮膚科院長の蘇原しのぶ先生によると、汗にはもともと悪い成分は含まれていないのだそうです。

蘇原しのぶ先生(以下、蘇原)「汗の成分は99%が水で、残り1%は塩分などです。

汗がにおうのは、汗そのもののニオイではなく、皮膚の皮脂やホコリなどの汚れを皮膚にいる『皮膚常在菌』が食べて分解することで作り出すニオイなのです。

通常、エクリン腺という汗腺から出る汗は無臭です」

<汗の成分>
・水 99%
・塩分など 1%

そして、汗には保湿効果もあるといいます。

蘇原「汗は体温調節のためにかくものですが、皮膚に水分を補給し、肌にうるおいを与える働きもあります。また、一度汗をかくとまたその汗が皮膚に吸収され、保湿されます。

『皮脂』という皮膚表面にある脂がほどよくあれば、『皮脂膜』という肌を保護する薄い膜がで形成されて、肌を乾燥から守る働きをしてくれます」

汗が「天然の美容液」といわれるのは、このことが理由だったようですね。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます