イーストウッドが日本の観客にメッセージ。主演最新作の予告編公開

2012.9.19 14:27配信
『人生の特等席』(C)2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

クリント・イーストウッドが『グラン・トリノ』から4年ぶりに俳優として出演する映画『人生の特等席』が11月23日(金)から日本公開される前に、イーストウッドのコメント付き予告編が公開された。

『人生の特等席』予告編

本作は、大リーグの伝説的なスカウトとして野球にその生涯を捧げてきた男、ガス(イーストウッド)と、年齢を重ね、視力が衰えながらも決してそのことを打ち明けようとしない父のために、彼のスカウト道中に付き合うことを決めた娘ミッキー(エイミー・アダムス)を主人公に、素直になれないままでいる親子が旅を通じて絆を回復していく過程と、父が娘と疎遠になってしまった本当の理由を描いた作品。

このほど公開された予告編は、冒頭でイーストウッドが「日本のみなさんこんにちは、私の最新作『人生の特等席』がまもなく公開を迎えます。お近くの劇場でお楽しみください」と語りかける貴重なコメント映像に始まり、妻を失って孤独に生きてきた仕事ひと筋の男、ガスが妻の墓石に語りかける場面が登場する。野球のスカウトとして自らの人生を捧げ、娘は弁護士として巨大な事務所の共同経営者候補にまでのぼりつめるほどの成功を収めた。しかし、ガスは亡き妻に「娘とうまく話せていない」と打ち明ける。

映画は、それぞれが複雑な事情を抱えてきた父と娘が、時に激しくぶつかり、時に“野球選手のスカウト”という共通の目的に向かいあう過程で、互いの人生について考え、それぞれの人生の“特等席”を見出していく様を繊細なタッチで描いており、このほど公開された予告編も登場する俳優たちの演技の微妙なニュアンスまでしっかり堪能したくなる内容に仕上がっている。

『人生の特等席』
11月23日(金) 丸の内ピカデリーほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング