太っていたらおばさん?

太っている人がおばさんだと話すのは、小学校3年生の男の子であるN君。

中学生や高校生のお姉さんは痩せている人が多いけれど、学校の先生や近所の人で太っている人は、ほとんどがおばさんだとN君は言います。

若い人でもぽっちゃりしている人はいるはずなのに、子どもの中には「太っている=おばさん」のイメージがあることを思い知らされた回答でした。

自分の「お母さん」が基準

自分のお母さんは「おばさん」。それより若ければ「お姉さん」で、年上であれば「おばさん」だと話すのは、小学校4年生の女の子であるMさん。

お母さんを基準にして他の女性を判断しているようで、お母さんより若いか年上かは、やはり見た目で判断しているようです。

友達のお母さんは「おばさん」

友達のお母さんは皆おばさんだと話すのは小学校6年生の女の子であるYさん。

見た目が若いお母さん、そうでないお母さんがいますが、小学生の子どもを持つお母さんであれば誰でもおばさんだとYさんは言います。

Yさんは続けて、子どもがいるのにお姉さんは少し違うと思いますと言います。小学校6年生の女の子の意見は少し大人な感じを受け、現実味がある回答ですね。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます