ザ・ニュースペーパーが海外ドラマ『ロー・アンド・オーダー』CMに

2012.10.2 19:40配信
社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」

アメリカの人気ドラマ『LAW & ORDER/ロー・アンド・オーダー』のWEB用CMが2日に都内スタジオで収録され、出演をしている社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」の面々が、自民党総裁に返り咲いた安倍晋三氏やオバマ米大統領、石原慎太郎都知事、政治評論家の田原総一朗氏になりきってトークを繰り広げた。

その他の写真

事件の発生から逮捕、起訴、そして判決確定までを1話に詰め込むというスタイルで、全米で20年にわたって親しまれてきた本作。“9.11”やO.J.シンプソン事件など、実際に起きた事件を取り上げるリアリティを追求した姿勢も高い支持を集めていることから、政治や事件を笑いに転換させる「ザ・ニュースペーパー」がCMに出演することとなった。

この日は福本ヒデが“安倍シンゾウ”、松下アキラが“オバ○米大統領”、石坂タケシは“石原シンタロウ”、そして山本天心は“田原ソウイチロウ”として登場。冒頭で、山本(=田原)は、昨日発足した第3次野田改造内閣に触れ、「第3次内閣は大惨事内閣」と今朝5時半までかかって思いついたというキャッチコピーを披露。続いて福本は、「先日、私は3500円のカツカレーを食べて『庶民感覚がない』と批判され、300円の牛丼を食べたら『庶民アピールか』と言われました。私はいったい何を食べたらいいんでしょうか?」と、安倍になりきり、困惑した口調で思いを吐露。さらに“再チャレンジ”を連呼し、「これで酒井法子さんも復帰しやすくなったと思います」と静かな口調で毒舌を連発していた。

オバ○大統領こと松下は、迫る大統領選について問われると対立候補のロムニーについて「マロニーが」とボケをかましてスタジオを笑いに包んだ。本作については、1話完結型の構成に触れ「スピーディな展開は、日本の政治も学んだ方がいい」と上から目線でアドバイス。これを受けて安倍が「日本の政治でスピーディなのは総理が変わることだけ」と自虐で返すなど風刺ギャグの応酬が続いた。

最後に登場した石坂(=石原)は「(長男の石原)伸晃は残念だったね」と自民党総裁選を総括。伸晃氏について「強みは父親が都知事であることで、弱みは弟が(俳優・タレントの)良純であることだね」とニヤリ。さらに本作のDVDを掲げて「これ買いますよ、東京都で。もう版権者と話はついてるから」と語り、田原から「どこかの島みたいな話しないでください!」と突っ込みが。さらに「僕はニューヨーク市警は興味ない。西部警察がいい」「とにかく東京オリンピックやろう」と本家さながらの不規則発言で笑いを誘っていた。

『LAW & ORDER/ロー・アンド・オーダー〈ニューシリーズ1〉』

DVD Vol.1〜Vol. 6:10月3日(水)レンタル開始

発売元・販売元:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

いま人気の動画

     

人気記事ランキング