米ヒット映画『ロラックスおじさん』が満足度ランクのトップに

2012.10.9 15:44配信
『ロラックスおじさんの秘密の種』(C)2012 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED

「ぴあ」調査による10月6日公開の映画・満足度ランキングは、アメリカでヒットしたアトラクション3Dムービー『ロラックスおじさんの秘密の種』がトップに輝いた。2位にベストセラー小説を松坂桃李主演で映画化した『ツナグ』が、3位に『ファイナル・ジャッジメント』に続く、近未来予言映画第2弾『神秘の法 The Mystical Laws』が入った。

上位作品の画像

1位の『ロラックスおじさん…』は、人工の街に住む少年が“本物の木”を見つけるために、街を飛び出し冒険に出る姿を描いた作品。日本語吹替版では、森の住人“ロラックスおじさん”の声を志村けんが演じている。劇場には家族連れが多く、子どもたちからは「ロラックスおじさんは形がおもしろくて変で好き」「木から落ちたりドジなロラックスおじさんがおもしろくって笑った」「クマがとってもカワイイ。川を下っていくところは乗り物に乗っているみたいだった」など“ロラックスおじさん”人気が目立ち、大人からも「“何かを始めなければ物事は変わらない”というメッセージが伝わった」「CGだがキャラクターの表情が豊かで動きのある映像になっていてよかった」など好評だった。

2位の『ツナグ』は、死者と生者の仲介を司る特殊な仕事“ツナグ”をする青年(松坂)が、さまざまな人と関わり成長していく姿を描いた人間ドラマ。出口調査では「ひとつひとつのストーリーが違った感動をあたえてくれて、優しい気持ちになった」「心からわいてくるような温かい涙があふれてきた。自分の母親に観てほしいと思った」「今、生きている私たちはどう生きていくべきか、とても考えさせられた」など、幅広い世代から支持を集めた。

(本ランキングは、2012年10月6日(土)に公開された新作映画9本を対象に、ぴあ編集部による映画館前での出口調査によるもの)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング