今秋、“最強オヤジ”たちが日本の映画館を沸かせる!

2012.10.11 11:10配信
『キック・オーバー』(C)2011 ICON FILMS. INC.

メル・ギブソンが久々にアクション映画に主演した最新作『キック・オーバー』が13日(土)から日本公開される。史上最悪の刑務所で暴れまわる主人公を演じたギブソンは現在56歳! 今秋には彼だけでなく多くの“最強オヤジ”たちが日本の映画館を沸かせるようだ。

その他の画像

『キック・オーバー』は、マフィアから大金を強奪した主人公のドライバー(ギブソン)が、金さえあれば何でも可能な史上最悪の刑務所“エル・プエブリード”から決死の脱獄を試みる姿を描いたノンストップ・アクション。ギブソンは劇中で犯罪者たちや看守を相手に丁々発止のやりとりを展開し、少し変わった相棒とタッグを組んで前代未聞の作戦を展開。中でも彼が走り、飛びはね、華麗なガンファイトを見せる場面は必見だ。

近年はデジタル技術が飛躍的に進歩したおかげで、これまでになく壮大なスペクタクル映像や、様々な要素が複雑に絡み合うアクション・シーンが次々に登場している。その反面、カメラの前で走り、戦い、歯を食いしばり、実際に我々に“戦う姿”を見せつけてくれる俳優たちは減ってしまった。しかし2012年秋、60歳前後の“オヤジ”たちが真のアクション映画を復活させるべく行動を開始した。

63歳のサミュエル・L・ジャクソンは『コンフィデンスマン/ある詐欺師の男』で、過去を清算して新たな人生を歩もうとする詐欺師の男を熱演。緊迫感あふれるガン・アクションと渋い演技で観客を魅了する。さらに、66歳のシルヴェスター・スタローンは、65歳のアーノルド・シュワルツェネッガー、57歳のブルース・ウィリス、もはや何歳か判別できないチャック・ノリス(実際は72歳)ら最強オヤジを集めて渾身の一作『エクスペンダブルズ2』を完成させた。

いずれのオヤジたちも長いキャリアのすべてが順風満帆だったわけではない男たちだ。しかし、彼らは幾度も最大の危機を乗り越えて、身体をはって戦い、自らのキャリアをさらに更新してきた。ギブソンが『キック・オーバー』で演じた主人公も、脱獄不可能な地獄のような刑務所から這い上がり、脱獄することを目指す。その熱さと渋さは若手俳優やCGには決して出せないもの。この秋、多くの映画ファンが、ギブソンらオヤジたちの奮闘を目撃することを期待したい。

『キック・オーバー』
10月13日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング