彼から○○なLINEが送られてくるから、愛されてると思っていた。自分が“セカンド女子”だなんて夢にも思わなかった……ときどきそんなケースに遭遇します。

愛していると「変だなぁ」と疑うことも少ないですよね。

今回は「それって愛の意味じゃないの?」と、勘違いさせられてしまう、「男がセカンド女子に送るLINE」をご紹介します。

前日夜に「やっぱり行けるよ」

「会えない」と言われてガッカリしていたけれど、前の日の夜になって「やっぱり行けるよ!」と彼からLINEが。「無理して時間作ってくれたんだわ!」と勘違い。

本当は他の女性との用がキャンセルになったから。

その“他の女性”とは、本命のことが多いです。本命に断られて時間ができたので、連絡してきた…というわけ。

直前になって“断ったけれどいきなり行くと言い出す”ことが多いのなら、怪しいですね。

いきなり「出てこれる?」

夜遅くなってからや、深夜もう寝る準備をしている時間に「出てこれる?」とLINEが。いつも多忙な彼だったら「忙しいのにわざわざ時間を作ってくれたのね!」と思ってしまいますよね。

深夜の連絡でも、恋人だから当たり前と気にしません。「そんなスキマ時間でも会いたいって思ってくれるのね!」と、愛と勘違い。

本当は、飲みに行ったけれど本命の女性がさっさと帰ってしまった。せっかく来たからもう少し誰かと飲みたいな……そうだ呼んでみよう! などという理由もありえます。

「写真ちょうだい」

「写真を撮って送って」「写真が見たいなあ」といろいろバリエーションはありますが、率直に言えば「本当はエロい写真が欲しい」という意味です。はっきり「エロい写真送って」と言う彼もいるでしょう。

「私のことが好きだからなのね!私を思い出してくれるのね!」とうれしくなりますが、単に本命の彼女には言えないからなのかも。セカンド女子になら何でも言えるのです。

なんと言っても、そういう付き合いですから。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます