女性といい感じになり、深い関係になった。それでもなぜか付き合おうとしない男性がいます。

たいていは多忙で「仕事が恋人」というような人です。

また、将来の展望を真面目すぎるぐらいに考えている人も、お付き合いに消極的。

「将来、こんな世の中じゃ子供を育てるのは不安」「将来性のない会社だから……」「親の面倒をみなくちゃ」などと、あまりにも先の心配をして恋愛ができない人。しかし、そんなピュアな男性は少数です。

中には、別の人格になりきって「付き合えない」と断る男性がいるのです。

その人格になりきれば、真剣に交際したり結婚をしなくてもすむし、悪者にならないですむからです。

いったい、どんな風になりきって交際を回避しようとしているのでしょうか?詳しくご紹介します。

恋愛に興味なしタイプ

「今、仕事でそれどころじゃない」と“多忙なので恋愛は後回し”のように言ってみたり、「愛だの恋だのそういうのは卒業」「男同士が面白い」とクールぶったり。付き合わないのは恋愛に興味がないから……という体裁です。

こんな風に言われると、女性は「恋愛に興味ないということは、ほかの女のところにも行かないってことだから、まあ、安心かな……」と納得してしまいがちです。

悟りタイプ

恋の話をすると「結局別れるのになぜ付き合うの?」みたいな質問を投げかけてきます。

また「恋愛に向いてないんだ」「夢中になれないんだよね」と、仙人のようなことを言い淡々として無欲。恋愛にも女の人にも興味がわかない(ように見える)タイプ。性欲もなさそうです。

でも深い関係になって仲良くなっているのだから、性欲がないも何もないのですが。

達観タイプ

「元カノがストーカーで怖い目に遭った」「裏切られた」とけっこうヘビーな話をしてきて「女って重い」と分かった風でいます。

元カノで学んだことは「恋愛は真剣になればなるほど損」「そこそこの年齢で結婚すればいい」らしいです。いかにひどい元カノか語り、だからもう女は信用しないとか恋愛に夢中にならないとか、世捨て人のよう。

ときには「刺激的な恋愛はできない」「女の真実を知ったので、もうときめかない」「しょせん、愛なんてエゴだ……」と文学調になることも。

この3タイプの中では、「恋愛に興味なしタイプ」がよくあるタイプでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます