【恋愛】どこからが浮気? 弁護士に聞いた"アウト"と"セーフ"の境界線

2012.12.20 12:00

2012年10月~12月にかけてウレぴあ総研上で“「浮気」の境界線はどこから?”というリサーチを行なった。個人によって考える“浮気の境界線”は実にバラバラ。ならば、「裁判になったら慰謝料を払わなければいけない浮気行為」とはどこからなのだろうか? そこで今回はプロ中のプロ、小川義龍弁護士に詳しく解説をお願いした。

photo credit: dougmino via photopin cc

2012年10月~12月にかけてウレぴあ総研上で“「浮気」の境界線はどこから?”というリサーチを行なった。個人によって考える“浮気の境界線”は実にバラバラ。ならば、「裁判になったら慰謝料を払わなければいけない浮気行為」とはどこからなのだろうか? そこで今回はプロ中のプロ、小川義龍弁護士に詳しく解説をお願いした。


――「浮気」の境界線はどこから?

2012年10月25日~2012年12月8日にかけて、ウレぴあ総研のサイト上で“浮気”に関するリサーチを行なった。
⇒リサーチ:「浮気」の境界線はどこから? [ http://ure.pia.co.jp/articles/-/10178 ]

クリスマス、年末年始、バレンタインデーと男女間のイベントが連続するシーズンを目の前に、たくさんの読者から投票をいただいた。
 

「浮気」の境界線はどこから?<男性編> 拡大画像表示
「浮気」の境界線はどこから?<女性編> 拡大画像表示
 

結果を集計してみると、男性からの投票では“SEXをしたら”が第1位、女性では“「好き」という感情が芽生えたら”が第1位。それぞれ肉体面・精神面の浮気がトップに来て、性別による浮気観の違いが浮き彫りとなった。アンケートには他にも選択肢があり、手をつないだら浮気と考える人、キスからが浮気になると思う人……同じ性別でも個人によって考える“浮気の境界線”は実にバラバラだ。

それならば、万人が認めざるを得ない浮気――具体的には「裁判になったら慰謝料を払わなければいけない浮気行為」――はどこからなのだろうか? これは男女のトラブルを日常的に扱う法律のエキスパートに聞いてみるしかない。今回は、ここ10年以上、常に手持ちの離婚案件が10件を下回ったことがないというプロ中のプロ、小川綜合法律事務所の小川義龍弁護士に詳しく解説をお願いした。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング