オンキヨー、Android搭載タブレット端末「SlatePad」6機種、7インチから10.1インチまで

2013.2.26 21:2配信
上段左から「TA07C-A41X1」「TA07C-C41R1」「TA08C-A41R1」、下段左から「TA09C-A41R3」「TA09C-B41R3」「TA2C-A41R3」

オンキヨーデジタルソリューションズは、Android搭載タブレット「SlatePad」の新機種として、7インチモデル2機種、8インチタイプ1機種、9.7インチタイプ2機種、10.1インチタイプ1機種の合計6機種を3月8日から順次発売する。

「TA07C-A41X1」は、薄型・軽量のスタイリッシュデザインで、価格性能比を重視した7インチのエントリモデル。CPUにARM Cortex-A8を採用し、タッチパネルつき7インチ液晶ディスプレイ(解像度800×480)、512MBのメモリ、4GBのフラッシュメモリ(出荷時空き容量約2GB)を搭載する。OSはAndroid 4.0。インターフェースは、miniUSB1基、microSDHC/microSDカードスロットなどを備える。

バッテリ駆動時間は約4時間で、充電時間は約6時間(電源オフ時)。サイズは幅190.0×高さ110.0×厚さ8.4mmで、重さは約260g。価格はオープンで、直営オンラインショップ「オンキヨーダイレクト」での価格は、保証期間1年モデル(TA07C-A41X1)が1万480円、保証期間90日モデル(TA07C-A41X1S)が9480円。

「TA07C-C41R1」は、広視野角液晶パネルを搭載し、高いグラフィック性能をもつ7インチモデル。CPUにデュアルコアのARM Cortex-A9を採用し、クアッドコアGPUとタッチパネルつき7インチワイドIPS相当液晶ディスプレイ(解像度1024×600)、1GBのメモリ、8GBのフラッシュメモリ(出荷時空き容量約5GB)を搭載する。OSはAndroid 4.1。インターフェースは、miniUSB1基、microSDHC/microSDカードスロットなどを備える。

バッテリ駆動時間は約9時間で、充電時間は約3時間(電源オフ時)。サイズは幅195.0×高さ122.0×厚さ11.8mmで、重さは約355g。価格はオープンで、「オンキヨーダイレクト」での価格は、保証期間1年モデル(TA07C-C41R1)が1万4800円、保証期間90日モデル(TA07C-C41R1S)が1万3800円。

「TA08C-A41R1」は、スリムなデザインテイストとホワイトフェースをもつ国内メーカー初の8インチ/3:4縦画面のAndroidタブレット。CPUにARM Cortex-A9を採用し、タッチパネルつき8インチ液晶ディスプレイ(解像度768×1024)、1GBのメモリ、8GBのフラッシュメモリ(出荷時空き容量約5GB)を搭載する。OSはAndroid 4.1。インターフェースは、miniUSB1基、microSDHC/microSDカードスロットなどを備える。

バッテリ駆動時間は約6時間で、充電時間は約3時間(電源オフ時)。サイズは幅157.0×高さ204.0×厚さ9.2mmで、重さは約450g。価格はオープンで、「オンキヨーダイレクト」での価格は、保証期間1年モデル(TA08C-A41R1)が1万6800円、保証期間90日モデル(TA08C-A41R1S)が1万5800円。

「TA09C-A41R3」は、デュアルコアCPUを搭載した9.7インチモデル。CPUにARM Cortex-A9を採用し、タッチパネルつき9.7インチIPS相当液晶ディスプレイ(解像度1024×768)、1GBのメモリ、16GBのフラッシュメモリ(出荷時空き容量約12.8GB)を搭載する。OSはAndroid 4.1。インターフェースは、miniUSB1基、miniHDMI出力、microSDHC/microSDカードスロットなどを備える。

バッテリ駆動時間は約7.5時間で、充電時間は約4時間(電源オフ時)。サイズは幅243.0×高さ187.0×厚さ10.4mmで、重さは約680g。価格はオープンで、「オンキヨーダイレクト」での価格は、保証期間1年モデル(TA09C-A41R3)が2万5800円、保証期間90日モデル(TA09C-A41R3S)が2万4800円。

「TA09C-B41R3」は、デュアルコアCPU搭載した9.7インチモデル。CPUにARM Cortex-A9を採用し、タッチパネルつき9.7インチRetina相当液晶ディスプレイ(解像度2048×1536)、1GBのメモリ、16GBのフラッシュメモリ(出荷時空き容量約12.8GB)を搭載する。OSはAndroid 4.1。インターフェースは、miniUSB1基、miniHDMI出力、microSDHC/microSDカードスロットなどを備える。

バッテリ駆動時間は約9.5時間で、充電時間は約4.5時間(電源オフ時)。サイズは幅240.0×高さ187.0×厚さ9.9mmで、重さは約660g。価格はオープンで、「オンキヨーダイレクト」での価格は、保証期間1年モデル(TA09C-B41R3)が2万8800円、保証期間90日モデル(TA09C-B41R3S)が2万7800円。

「TA2C-A41R3」は、業務用にも利用しやすい10.1インチワイド液晶を搭載し、デュアルコアCPUやクアッドコアGPUを備える。CPUにARM Cortex-A9を採用し、タッチパネルつき10.1インチワイドMVA相当液晶ディスプレイ(解像度1280×800)、1GBのメモリ、16GBのフラッシュメモリ(出荷時空き容量約13GB)を搭載する。OSはAndroid 4.1。インターフェースは、miniUSB1基、miniHDMI出力、microSDHC/microSDカードスロットなどを備える。

バッテリ駆動時間は約11.5時間で、充電時間は約5時間(電源オフ時)。サイズは幅256.0×高さ175.0×厚さ10.5mmで、重さは約610g。価格はオープンで「オンキヨーダイレクト」での価格は、保証期間1年モデル(TA2C-A41R3)が2万5800円、保証期間90日モデル(TA2C-A41R3S)が2万4800円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング