びっくりドンキー、ガスト、モスバーガー…このお店の名前の由来知ってた? 【外食産業編】

2013.3.16 10:30

「このお店って、なんでこんな名前なんだろう?」と、お店の名前の由来が気になってしまうことってありませんか? そこで今回は、きっと誰もが知っている外食産業のお店の名前の由来を調べてみました。

街を歩いていると、色々なお店の看板が目に入ります。色とりどりの看板には、いつも見慣れたお店の名前から、ちょっと変わった名前、これはうまい! 思わずうなってしまうような名前まで、1本通りを歩けば、本当にたくさんのお店があることがわかります。

そして、ついつい、「このお店って、なんでこんな名前なんだろう」と名前の由来が気になってしまう今日この頃。創業者の名前だったり、提供しているものそのものズバリの店名だったり、わかりやすいものもありますし、なんとなく想像できるものもありますが、今回は、今日これから会う人や明日、「ねえねえ、知ってる?」と、ちょっと使える小ネタになりそうな、お店の名前の由来を集めてみました。きっと誰もが知っている、外食産業のお店の名前を見てみましょう!

和食 : 回転寿司やうどん

和食のレストランもとても多くなり、入りやすくなりましたね! まずは、ファミリータイプのレストランから回転寿司、うどんなど、気軽に入れるお店の名前の由来を調べてみました。
 

●はなまるうどん

セルフサービスうどんの先駆け「はなまるうどん」の名前の由来は、創業者が幼少時に「はなまる」を貰えなかったので、「お客様からはなまるを頂きたい!」という思いから“はなまる”という名称を採用したのだそう。なんだか、ちょっと微笑ましいですね。

 

 

●丸亀製麺

いまや海外にも進出し、うどん業界初の47都道府県に出店をしたという丸亀製麺。讃岐うどんを提供する店のイメージとして、「丸亀」という讃岐(香川県)の地名を使った店名で、製麺所をイメージした店舗の作りとピッタリの名前ですね。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング