©︎Disney

東京ディズニーランドのメインエントランスがリニューアルされると発表されました。

さらに、立体駐車場を新設。

パークの入り口が変わる新発表について速報で解説します。

入退園ゲートを追加

東京ディズニーランドの入園口「メインエントランス」は、入退園ゲートやチケットブース(チケット購入場所)などから構成されています。

現在のメインエントランスは、48の入退園ゲートと32の対面型チケットブースがあります。

2018年4月から始まる改修工事では、入退園ゲートが6つ増え、計54ゲートになります。

イメージイラストでは、エントランス中央の大きなゲートが描かれています。

中央ゲートは現在の緑色から、白が目立つデザインになっています。

東京ディズニーランドの看板も大きな目印です。

さらに、ゲートは現在のバーを回す方式から、改札のようなフラッパーゲートへとリニューアル。

よりスムーズに入園できるようになります。

イメージイラストでは、ベビーカーや車椅子でも入りやすそうなフラッパーゲートに加え、「ENTER|入る」「EXIT|出口」という表示も見られます。

年パス入園に顔認証システム導入

現在、年間パスポートで入園するには、パスポートに印刷された顔写真をキャストに見せてからQRコードをタッチする方式になっています。

今回、本人確認に顔認証を導入。

年間入園チケットでの顔認証システムは、既にユニバーサル・スタジオ・ジャパンで採用されており、便利だと評判です。

海外のディズニーパークではパスポートをスマホアプリで購入・表示したり、アプリでファストパスを取得できるなど、パスポート周りのデジタル活用が活発化しています。

東京ディズニーリゾートでも便利なITシステムの導入が期待されます。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます